東大和市にある極真空手 友心会道場です。

R3.4.11 東村山教室

東村山教室指導員、保育士の関口(貴)です。


先日の東村山教室の様子をお伝えします。



稽古前の整列です。

S__265642003.jpg

皆、きちんと正座ができるようになりました。


この日も


帯ごとに分かれての型稽古を行いました。

S__265642005.jpg

友心カップ交流試合に向けて特訓です。


腰の高さ(低く)や引き手(高く)、打点など一人一人に課題を伝え反復練習を行いました。次週まで覚えていられるかな?


この他にもサポーターを付けての組手稽古(写真を撮り忘れてしまいました。)も行いました。皆、組手の慣れない動きに苦戦しつつも、少しずつではありますが受け返しなど上達してきています。

さて、上記にもあるように5月末に友心カップが開催される予定です。東村山教室の子ども達にとっては初めての試合となります。


試合も昇級審査と同様で出場する事によっての心身的な負荷は大きいものです。出場については任意ですが、出場しない場合でも出場するつもりで稽古に取り組めば同じように上達します。


4月を迎え、新年度という節目です。目標を立てる良い時期ですから、ぜひ今大会を目標として稽古に励みましょう。



押忍。


S__265642006.jpg








R3.4.8 本部幼年クラス

菊池です。

 

さて、本日は久しぶりに桜街道本部道場の幼年クラス(木曜日)の様子をお伝えします。

 

 

新学年になりましたので2年生は少年部へ上がり

25086.jpg

新一年生が筆頭となりました。

 

 

さて、新体制でスタートしたにもかかわらず、今日はみなポケーっとして心ここにあらず・・・。「ちゃんと返事をしなさい」とたびたび注意をしたのですが、みなどこか上の空

 

ついには

 


返事は(どうした)ぁぁ!? (ガガーン)雷雷

 


と(わたしの)カミナリが落ちました。わはは。

 


4月のこの時期は進級、進学など生活環境の変化からか子どもたちが一番落ち着かない時期です。そのことも考慮にいれてはいたのですが、それにしても今日はみな集中力を欠いておりました。

 

幼年クラスでは「返事」をきちんとすることを毎回厳しく指導しています。返事がきちんとできる子は話をきちんと聞ける子です。反対に返事ができない(しない)子はその瞬間たいていよそ見をしています。


返事をすることは言葉の尻尾(終わり)を拾うことですから、返事をする癖付けによって集中して話を聞くことができるようになります。また、話し手にしっかり目を向けるようになります。


小学生になれば、クラス30人に対して先生は1人です。園児の頃のような個別の指示は減り、全体に対する指示が多くなりますから、指示が通らない子は集団から遅れを取ることになります。


また、習うことの基本は「見る」と「聞く」ですから大人の話を聞けない、話し手を見ない子は勉強もスポーツも伸びません。


今日は子どもたちを厳しく叱りましたので稽古の雰囲気は悪くなりましたが私はお構いなし(鬼)楽しい稽古はすべきことができての上です。道場は遊ぶ場所ではありません。稽古を通じて強くなる。自分を磨き高める場所なのですから。


私はスポーツのコーチやインストラクターではありません。子どもに好かれようと思ってこの仕事をしていませんし、子どもたちに嫌われることを恐れてもいません。そんなことよりも今彼らに教えなければならないことがあるのです。

 

小さな子ども相手に厳し過ぎるかなと思うこともありますが、今彼らが教わること、感じることがこれからの彼らを形作っていくのですから、我々大人の責任は重い。故に子どもに甘えさせることはあっても甘やかすことがあってはならないのです。

 

というわけで、小さな空手家諸君、わたしはこれからも「おっかないせんせい」としてキミたちの前に立つつもりです。



ゆずらないぜ!



 

押忍。


25087.jpg











R3.4.7 火曜日の女子クラス始まりました!

はじめまして。


火曜日女子クラス担当の山本小梅です。


ブログ初登場ですので簡単に自己紹介をさせて頂きます。


友心会には小学3年生で入門し空手歴は10年。型指導が得意です。現在大学の教育学科で「幼児音楽教育」を専攻しており、貴大先生と同様に「保育士資格」取得を目指して勉強中です。どうぞよろしくお願い致します。

今まで土曜日にのぞみ先生が女子クラスを指導していましたが、今月から火曜日の17:30〜18:30にも女子クラスが増設され、私が指導を担当することになりました。

 

 

今日は初回にもかかわらず11人もの人が参加してくれました!

S__8069148.jpg

みんなありがとう!また来てね!

 

女子クラスは小学2年生以上の女子であれば帯や経験を問わずどなたでも自由に参加していただけます。来週以降も随時参加者募集中です^ ^

 

 

押忍!


S__8069143.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

R3.4.5 国立教室

菊池です。

 

さて、昨日4月4日(日)は新たに開設する


 

「国立教室」の体験会を実施しました。

24977.jpg

お集まり頂いた皆さんありがとうございました。

 

 

ポスティング業者との連係ミス(泣)で昨日の体験会までにほとんど告知ができなかったのですが、

 

 

18日(日)にも体験会を実施します。

9B087346-C817-4993-9836-DD3BF0F655D4.jpg

ご興味のある方は是非お問い合わせください。

 


さて、翌日(本日)5日早速入会の申し込みを頂き、記念すべき第一回目の稽古を行いました。わずか2名での初稽古となりましたが2人とも一生懸命で私にとっても充実した1時間でした。

 

帰りの道すがらハンドル(こういう時は古いフランス車のタッチがいい)を握りながら11年前、昭島教室で3名の生徒からスタートした時のことを少し思い出していました。


タカヤくん、アサヒくん、ニシキくん。私の力不足もあり今は道場を離れてしまいましたが、あの時3人がいてくれなければ今の私はないわけですから、彼らと預けて頂いた保護者の皆さんは私の恩人です。

 

今日も生徒がいなければスタジオで一人待ちぼうけでしたので、新たな場所で指導できることに喜びを感じながら感謝の気持ちでいっぱいでした。


保護者の皆さんの期待に応えるべくスタッフ一同毎回真剣勝負で子どもたちと向き合いより良い指導を心がけていく所存です。どうか末永くよろしくお願い申し上げます。

 

最後になりましたが、体験会のために集まってくれたスタッフ。お手伝いに来てくれた子どもたち。お子さんを快く送り出して下さったご父母の皆様。スタジオを稽古場として提供してくださった国立ミュージカルスタジオの饗庭さんにこの場をお借りして感謝申し上げます。



おかげさまで、また新たな一歩を踏み出すことができました。

 

 

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

押忍。


24976.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


体験会の後の秘かな楽しみ(笑)「何にする?」



R3.3.28 土曜日(出発)

菊池です。

 

さて、土曜日各クラス実施状況をお伝えします。

 

 

9:30 「本部少年クラス」

S__265355270.jpg

週末の本部道場は午前中から稽古を行っています。

 

 

10:30  「本部幼年クラス」

S__265355272.jpg

春休みからか参加人数は少なめでした。

 

 

11:30 「少年チャンピオンクラス」

(写真なしです・・・)

 

 

13:30 「東村山教室」

S__265355273.jpg

東村山郵便局前の「スタジオ・アヴァンティ」で稽古を行っています。

 

 

15:30  「立川教室 幼年クラス」

S__265355274.jpg

多摩都市モノレール柴崎体育館駅前

「GSA体育室」で稽古を行っています。

 

 

16:40 「立川教室 少年クラス」

S__265355275.jpg

(立川教室は2クラス制です。Rちゃん元気でね)

 

 

16:00 「豊田教室 幼年クラス」

23742.jpg

小学1年生以下のクラスです。

(画像がないため前回の使い廻し・・・)

 

 

18:00 「豊田教室 少年クラス」

S__138526726.jpg

豊田教室は2クラス制。

幼年クラスと少年クラスは別の場所で稽古を行っています。

 

 

尚、この日はお休みでしたが、普段は

 

19:30 「昭島教室」

24507.jpg

24509.jpg

昭島教室は幼年から中学生以上まで合同で稽古を行っています。

 

さてさて、土曜日は午前中から全9クラスを実施する一週間で最も忙しい曜日です。一方で翌日曜日は午前中の2クラスのみでのんびりです。


が、今週は日曜日に兵庫県加古川で「兵庫県極真空手道型選手権大会」が開催されるため、土曜日の豊田教室終了後に

 

 

西へ600qの移動。

S__7905330.jpg

安全運転でいって参ります。

 

 

尚、遠征の留守中は関口指導員が指導を代行し、日曜日の各クラスから自主トレまで通常通り実施致します。

 

 

 

それではみなさんよい週末を。

 

 

 

押忍。

S__7905342.jpg

 

 

 

 

 

 

 

R3.3.3 本部幼年クラス

菊池です。

 

さて、先日の桜街道本部道場「幼年クラス」の様子です。

 

 

稽古前の整列をたまには正面から。

23141.jpg

当道場はガラス張りの明るい道場です。

 

 

この日は型稽古を帯ごとに行いました。


 

青帯(の先輩)は「太極V」と「平安T」

23132.jpg

みななかなか様になってきています。

 

 

オレンジ帯(の中堅?)は「太極TとU」

23133.jpg

型のポイント(腰を低く)を過大に受け止めた者が1名。

 

 

ちょっとドヤ顔です。

S__7544883.jpg

地を這ってます。

 

 

白帯(の後輩)は「太極Tの運足」

23127.jpg

まだウロウロしているようにしか見えませんが。がんばってます。

 

 

4月に小学生になる子たちが多いので、この日はスポーツテスト(新体力テスト)をの項目もいくつか行いました。

 

 

「シャトルラン」

23136.jpg

ダッシュ。

 

 

「立ち幅跳び」

23128.jpg

せーのっ!

 

 

とうっ!

S__7544891.jpg

なかなかの跳躍姿勢。

 


この他に「反復横跳び」も行いましたが、それぞれコツがありますのでまた少しづつ練習させたいと思います。

 

さてさて、当道場の幼年クラスは「礼法」「体力作り」の他「人馴れ」を指導課題に据えた稽古を行っています。


4月は進級、進学のシーズンです。それに伴ってクラス替えや班替えなどでこれから子どもたちはある集団の中に一人で入っていかなければならないシチュエーションに必ず遭遇します。

 

その際に自分から挨拶をする、自己紹介をする、声をかけるといったことができないと、新たな環境になじめなかったりちょっとしたきっかけで集団から弾かれるということにもなりかねません。


コミュニケーションの基本は会話ですが、声を出すという行為が苦手な子は普段から大きな声を出していないとなかなかそれができません。返事、挨拶、意思表示。これらは全て発声によるものです。

 

道場では大きな声で返事や挨拶をしたり気合いを発することが基本です。また、地域や学校、学年もバラバラな子が集まり、毎月のように新しい子が入門してきますので、人馴れするという意味でもとてもいい環境にあります。

 

 

と、いうわけで

 

 

一人っ子や人見知りのお子さんをおもちの皆さん、

 

 

 

初めての習い事に武道は、空手はいいですよ。

 

 

 

当道場は現在、入会金、入会月会費、道着代を頂いておりません。

 

 

 

この機会にぜひ。(ちょっとコマーシャル)

 

 

 

押忍

 

23159.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

R3.2.24 お知らせ

菊池です。

 

さて、まずは会員の皆さんへご連絡です。

 

〇2月6日の開催延期となった大会に申込みをされた皆さんへ

 

  • 26日(木)より出場料の返金を開始します。
  • 申込時の規定により半額の返金(ファイナルカップ¥5,000 県大会¥3,000)となります。
  • 大会延期の時期、開催場所については未定ですが、開催時に改めて申し込みをする場合は出場料が減額となります(ファイナルカップ¥2,000 県大会¥1,000)
  • 獲得したファイナルカップの出場権利は延期開催の大会でも保持されます。

 

以上です。 

 

さてさて、上記の大会に限らずコロナ禍の影響で各大会が中止や延期となって久しく、昨年末の静岡県大会(型試合のみ)を除きほぼ丸1年開催されていません。

 

 

それでも選手たちは


 

先週の組手選手クラス

22827.jpg

 

 

今日の型選手クラス

22828.jpg

大会に向けた稽古を継続しています。

 

 

代表者会議の場でも可能な限り早く大会を復活させるべく話し合いが続いていますが、残念ながら今のところはっきりした目途は立っておりません。選手のモチベーションややる気の問題もたびたび話題に上がるところですが



それについてはもう、永ちゃんが言う

 

 

いつの時代だって、(今はeasyになってるとかいうけどね)

 

やる奴はやる。やらない奴はやらない。

 

                                                                                     by矢沢永吉

 

これに尽きると思っていますし、私も選手たちには、

 

大切なことは自分がどうするかだよ。試合があるとかないとか、周りがどうだ友達がどうしてるとかは関係ない。どんな世界も玉石混淆。その中で自分が玉であるために今どうするかだよ。

 

と常々話して聞かせています。


学生が終わった時、複数の内定を蹴って空手の指導を続けることにしました。世間的に見ればプーも同然でしたし、時間もお金もないのに削れるのは睡眠時間と食費だけ(笑)という状況が続きました。


しかし、それで自分に卑屈になったり、誰かを羨んだりということは一切ありませんでした。ただ、それを選んだ自分の気持ちを大事にしていましたし、空手をがんばっているということだけで誇らしく、自分をすきでいられたからです。

 

その選択は私だけのものでした。周りがどうとか、友達がどうとか、それが世間や親から見て正しいかどうかもカンケーなかった。あの頃は今ほど人生に正しさを求めていなかったし。あと、若かったし。ははは。

 

一つのことを永く続けていれば様々なことがあります。目まぐるしく変わる周囲の状況や時代の中にあって自分を保ち続けることは容易なことではありません。しかし最後に拠り所にすべきは誰かや何かではなく自分自身。


道場の子どもたちにそんな気骨(死語)や芯を持たせたい。そしていつかはそれを柔らかさで包んだ強く優しい人になってほしい。そんな気持ちで私たちは日々子どもたちの指導にあたっています。



さあ、諸君。もうひと踏ん張り。




今度こそ。今度こそ。何度でも。

 

 

 

押忍。

 

22830.jpg

 

 

 

 

 

 

 

R3.2.15 桜街道本部

菊池です、

 

さて、久しぶりに本部道場の子どもたちの様子をお伝えします。

 

 

「幼年クラス」

22544.jpg

小学1年生以下のクラスです。

 

 

幼年クラスの帯の上限は「青帯」としていますので

22545.jpg

このクラスでは青帯になるのが子どもたちのちょっとした憧れです。

 

 

このクラスではトップですから

22547.jpg

22546.jpg

稽古中は常に前列で後輩の手本です。

 

 

 

「小学低学年クラス」

22548.jpg

同じく型稽古の様子。

 

この日は久しぶりに

 

「試し割り」の稽古を行いました。

22559.jpg

普段は技を指定しますがこの日は自由。

 

 

猿臂(肘打ち)が一番割りやすく

22558.jpg

失敗してもダメージ(痛み)が少ないので人気(無難)です。

 

 

が、中には敢えて困難に挑む猛者(変わり者)もおり


 

ほぁぁぁ〜

22551.jpg

集中。集中。集中。

 

 

たぁっ!

22552.jpg

パコンッ。

 

 

2枚に挑戦。

22553.jpg

よーく合わせて・・・。

 

 

とうっ!

22554.jpg

22550.jpg

ぱっこーん!

 

 

決めポーズ!(残心)

22549.jpg

決まったぜ。

 

 

一体なぜアタマで行こうとするのかは大人になってしまったわたしには理解不能ですが、彼らには彼らなりの理由があるのでしょう(ないか)


あ、ちなみにこれは練習用のプラスチックの瓦ですのでケガの心配はありません。あしからず。

 

 

「小学高学年クラス」

22555.jpg

この年齢になるとみな落ち着いてきます。

 

 

高学年クラスになるとこれまで稽古で培ってきたことに年齢的な成長に伴う理解力や思考力が加わるので上達が早くなります。ここにきてまた空手が楽しくなってきた。また好きになった子も多いのではないでしょうか。

 

このクラスまで残っているのは6年、7年と続けてきた子たちですから、それぞれがこれまでの過程で伸び悩みや飽きといったことを経験し乗り越えてきています。


稽古に通うことを辛く感じたり(組手が嫌、型が苦手)辞めてしまいたいと思ったこともあったことでしょう。でも今は続けてきてよかったと感じているのではないでしょうか。

 

色々なことをしたほうがいいというのは本当だと思います。しかしそれはなにか基準になるものがあってのことでしょう。そして彼らにはもうそれが備わっているとも思うのです。


これからの進級、進学シーズンは受験準備や中学進学に伴う別れの季節でもあります。なにかしたいことが見つかりその方向へ進むなら、彼らのそれは妥協や逃げではなく成長への選択でしょう。空手の先生としては残念ですが、その選択を尊重し快く送り出してあげたいですね。

 

そしていつかまたどこかで道場のことを思い出したなら再び道着に袖を通してほしい。



その時ちゃんと道場があるように。



せんせいもがんばる。



押忍。


22560.jpg









R3.1.30 緊急事態宣言延長

菊池です。

 

さて、まずは会員の皆さんへご連絡です。

 

本日(1月30日)のマスコミ各社の報道によると、来月7日に期限を迎える緊急事態宣言について、政府は3月7日まで延長する方向で調整に入ったようです。


既にトップページにも掲示しておりますが、今回の緊急事態宣言では当道場が該当する運動施設は要請の対象外となっておりますので、今後も休業や営業時間の変更などは行いません。(一部教室は除く)

 

道場と致しましては引き続き可能な限りの感染防止対策を実施致しますが、残念ながら現状では100%の感染防止を担保することはできません。


また、会員の皆さんにもそれぞれご事情等あると存じますので、稽古への参加や道場の利用につきましてはそれぞれにご判断を委ねることと致します。


よって道場と致しましては、引き続き毎月初めに休会希望者を募りますので、休会を希望する方は月初め5日(延長決定が先送りされた場合は8日)までに道場ホームページ問い合わせフォームへご連絡ください。コロナ禍の期間中は休会される方の月会費、休会費の徴収は行いません。 


尚、行き違いを防ぐため休会の申し込みは上記の方法のみとさせて頂きます。電話やメールでは受付かねますのでご了承下さい。

会のご連絡を含め道場へ連絡は道場ホームページ「問い合わせフォーム」からお願い致します。


ご連絡は以上です。

 

 

さてさて、先日から


 

新しい帯と昇級状の授与が始まりました。

22109.jpg

わーい。

(おめでとうございます)

 

努力した分だけみなこの日を楽しみにしておりましたが、それが故に帯の授与については昨日、今日と悲喜交々様々なことがありました・・・。それについてはまた後日。

 

 

とりあえず、

 

 

Sくんすまん・・・。

 

 

押忍。

 

22108.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R3.1.28 帯が届きました。

菊池です。

 

さて、本日木曜日は雪がちらつき夕方以降は寒い寒い一日となりました。


道場は換気のためドアや窓を開け放っていますのでエアコンだけではなかなか温まらず

 

 

子どもたちはストーブにはりつきます。

22063.jpg

さぶっつ

22062.jpg

さぶっつ。

22060.jpg

さぶっつ。

 

それからこの日は年末の昇級審査受審者の

 

新しい帯が届きました。

22057.jpg

ズラリ。

 

 

この日は高学年クラスを少し早めに切り上げて



子どもたちに「帯分け」を手伝ってもらいました。

22058.jpg

こういうときはみな働き者で動きがいい(笑)

22059.jpg

みんなありがとう。

 

 

仕分け完了。

22064.jpg

(茶帯(2級)以上のみ後日授与となります)

 


本部道場は明日金曜日から、各教室は週末土曜日から認定状と合わせて授与します。今か今かと待ちわびていた諸君、お楽しみに。

 

 

押忍。


jiijijraaaaaar.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

R3.1.8 本部も始動(指導)

菊池です。

 

さて、先日の聖蹟桜ヶ丘教室に続き桜街道本部道場も6日に稽古始めとなりました。木曜日は全5クラス実施です。

 

 

16:00 幼年クラス

21400.jpg

なぜか毎回盛り上がる(笑)「手押し車」

 

 

17:00 少年低学年クラス

21404.jpg

移動稽古課題を重点的に稽古しました。

 

 

18:00 少年高学年クラス

21402.jpg

今年中学生になる子がチラホラ。

 

 

19:00 少年選手クラス

21403.jpg

来月の全日本選手権はちょっと厳しそうですね・・・。

 

 

20:00 一般クラス

21405.jpg

上級者10名での初稽古となりました。

 

 

さてさて、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、今回のブログは少し写真の画質が悪いですね。


実は撮影に使っていたスマートフォンがダメになり年末に買い替えようとしたのですが、どこをどう調べてもこれまでと同スペックのものは10万円前後するのです。

 

10年前のアイフォンも今回買い替えるギャラクシーも¥0だったのですが、店員さんに尋ねたところ、今は機種代からの値引き額が決められているそうです。(知ってた?)


仕方がないので「とにかく一番安いやつを下さい」とお願いしたところ、スペックダウンどころかキャリアまで変わる羽目に。


いわゆる格安携帯(それでも1万円ちょっと)というものですが、副次的に月々の料金も安くなった(わーい)ので帰りに伊勢丹の紳士服売り場で「パジャマの福袋」(2着入り¥5,500)も買い(わーい)そのかわりに写真画質が落ちたという・・・。

 

それでも後悔はしておりませぬ。別に庶民派(ですが)を気取るわけではありませんが、高い安い以前にこれまで無料だったものに「今回は10万円です」「はい」などということは私の金銭感覚ではnothingですので。

 

 

 

さて、デジカメどこにしまったっけな?(解決)

 

 

 

押忍。

 

 

21407.jpg

えへへ。




R3.1.5 本年も宜しくお願い申し上げます。

菊池です。

 

新年あけましておめでとうございます。

 

さて、道場は本日5日(火)聖蹟桜ヶ丘教室から



稽古初めとなりました。

21096.jpg

今年も稽古がんばりましょう。

 

昨年は大変な年でしたが、苦しさの中にあってただじっと耐え周囲の状況がよくなるのを「待つ」のは他力。苦しい状況下でも「動く」ことよってその状況を自分で克服することが自力。


試合に例えればラスト30秒。じっと耐えて相手が落ちてくるのを待つのではなく苦しい時にこそペースを上げて勝つ。そんな気持ちで昨年は不利な状況の中で新規教室の開設やクラスの増設、新たな会員制度の発足などを行ってきました。

 

そしてなんとか年越しを迎え


 

今年は去年がんばった成果が現れるはずだぜぇ〜。えへへ。



などと、正月はのん気に雑煮などをやっておりましたが、休み明け明日から出勤というタイミングでまさかまさかの緊急事態宣言発令(予定)・・・。(マ〜ジ〜か〜)文字通り出鼻をくじかれ、



昨年の伸びもこれでまたチャラか・・・。



と一瞬(15分くらい)ソファーで頭を抱えましたが、

 

 

隼人ピーターソンの名言

 

 

フォッフォッフォ。見せてやるぜ!ユーとミーのテクニックの差をな!


 

になぞり

 

 

ふぉっふぉっふぉ。見せてやるぜ!ユーとミーのメンタルの差をな!


 

と(あっさり)立ち直り今年も底力を見せるぜ!と再び燃えております。



な・に・く・そ

 

 

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

押忍。

 

21098.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

R2.12.31 一年間ありがとうございました。

菊池です。

 

さて、今年もいよいよ大詰め。当道場は29日(火)が最終日となりました。

 

 

聖蹟桜ヶ丘教室

21028.jpg

この日も年の最後に1名ご入会を頂きました。

ありがとうございました。

 

 

この日は稽古納めという事で


 

皆で「瓦割り」に挑戦。

21029_0.jpg

プラスティック製の練習用ですが子どもにはなかなか手強い(笑)

かわらん  イサミ空手ショップ (karate-isami.com)


結果と感想は子どもたちにお尋ねください(笑)


さてさて、時間は1日前後しますが


 

本部道場の大掃除も行いました。

21036.jpg

密を避けるため今年は中学生以上のみで実施。



道場がピカピカになりました。

S__4300978.jpg

ご協力いただいた会員、保護者の皆さんありがとうございました。

 

 

さてさて、今年1年を振り返ると年始7日に膝の手術を皮切りに

 

 

「ダメだ〜シヌー」

21078.jpg

(と自撮りしていたら看護師さんに叱られました)

 


その後も大変な一年となりましたが、予期せぬ事態やままならない状況の中にあって皆さんにお力添えを頂き、今なんとかこうして年の瀬を迎えられることに、ただただ安堵しております。


振り返れば苦難が多かったその分、例年以上に長谷川先生をはじめ保護者の皆さんやスタッフに助けられ、一人ではないということを改めて実感した一年でした。

 

来年以降もまだまだ大変な状況が続きますが、私もまた少しでも誰かの力になれればと思っています。

 

 

一年間ありがとうございました。

 

 

来年度もよろしくお願い申し上げます。

 

 

押忍。


21081.jpg


 

 

 

 

 

 

 

R2.12.29 本部稽古納め

菊池です。

 

さて、まずは会員の皆さんへ改めて年末年始の予定をお伝えします。

 

桜街道本部道場 冬季休館

 

  • 12月30日(水)〜1月4日(月)  

 

各教室の稽古日は予定表をご確認下さい。 

 

 

 さてさて、以下は昇級審査会前日稽古納めとなった金曜日。本部道場の様子です。

 

 

16:15 幼年クラス

20821.jpg

今年もみなよくがんばりました。 

 

 

 

 17:15 小学2.3.4年生クラス   

20820.jpg

今年一年お疲れさまでした。

 

 

 

 18:20 小学5.6年生クラス 

20834.jpg

来年は一般部に上がる子が数名。残るかな? 

 

 

 

19:20 型選手クラス

20836.jpg

今年は大会がなく選手たちにとっては厳しい年となりました。 

 

 

 

20:30 一般選手クラス

20835.jpg

来年は少年部から上がってくる子たちにも期待しています。

 

 

さてさて、この日は昇級審査会前日とあってみないつも以上に緊張感と意欲をもって稽古に臨んでいました。私は指導しながら「いつもこの雰囲気ならなぁ」と思った次第です。


日々様々な年齢層のクラスで指導にあたるなか、各クラスに共通する私の指導課題はいかに生徒に「意欲を持たせるか」ということです。


近所の学習塾はどこも子どもでいっぱいですが、学習意欲を持たない子がただ漫然と塾へ通ったところで成績が上がるとは思えません。


空手も同様で親御さんが子どもに武道を通じて学ばせたい、あるいは身につけさせたいことは様々あると思いますが、その子が持つ意欲によって道場内でも当然差が出てきます。


子どもというのは好きなことであるならばほっておいても意欲が湧くものですが、残念ながら子どもが好きなことと親がやって欲しいことが一致するのは稀です。


意欲というのはある程度心に負荷がかかった緊張状態の中で生まれます。武道に何かを望むのであれば、塾のそれと同様にただ空手の道場にいるだけではだめです。意欲を持って稽古に望むには心に負荷がかかった状態を作らねばなりません。


ですから単なる勝ち負けや帯のためでなく、心に緊張状態を作るため、負荷をかけるため、意欲を湧かせるためにチャンスを見つけて大会や昇級審査に挑戦するのは大切なことなのです。

 

あとは自らを伸ばすためにその状況へ飛び込んでいく、あるいはその苦労を買って出ることができるかどうかです。


与えられた苦労は人を疲弊させ時にそれによって削がれてしまうこともありますが、自ら望んだ苦労はその人間を鍛え上げ研ぎ澄ましていくものです。

 

 

 

というわけで、子どもたちよ。

 

 

 

イヤだイヤだ(で世の中渡っていけると思うなよ〜)




だけでなく

 

 

 

時には積極的になってみ(ろ)よう。

 

 

 

来年の目標を立てるには今最高のタイミングだぜ。

 

 

 

押忍。


20883.jpg

 

 

 

 

 

 

 

R2.12.21 静岡県大会

菊池です。

 

さて、昨日20日(日)静岡市北部体育館で開催された。

 

 

極真空手道静岡県大会

1608487156785.jpg

(開会式の様子)

 

 

今大会は接触を避けるため「組手試合」と「型団体戦」は中止となり、広大な会場に3面のみを設置し


 

「型個人戦」のみの開催となりました。

20201220_094344.jpg

(少年上級一回戦での鈴木秀都選手)

 

それでは結果をお伝えします。

 

 

幼年青帯の部

優勝 磯長 優吏

1608487129018.jpg

おめでとうございます。

 

 

幼年青帯の部

準優勝 福田 陽士

1608487120854.jpg

おめでとうございます。

 

 

磯長選手と福田選手は決勝戦で同門対決となりました。

1608487025888.jpg

ライバル対決。

 

 

刹那に見せる表情は大人のそれと同じ。

1608491408814.jpg

両者ともよくがんばりました。

 

 

少年オレンジ帯の部

第3位 沖野 大地

1608487067465.jpg

おめでとうございます。

 

 

入賞した選手の皆さんおめでとうございました。そのピカピカのトロフィーは君たちの努力に相応しいものです。しばらくお家の一番いいところに飾り時々眺めてはニヤニヤして下さい。

 

一方で今日のように幸せな気持ちになった時は感謝の気持ちも持ってください。ご両親はもちろんのこと、審判員の先生や会場スタッフの方々の多くは普段別の仕事をされているボランティアの皆さんです。(審判に来てくれたノン先輩や小梅先輩もそうですよ)

 

誰もが多忙な日々を過ごす中で前日から会場を準備し後片付けまでしてくださいます。そのことを気づき感謝せねばなりません。


そして感謝とはお礼の言葉を並べることではなく、受けた恩を胸に刻むことです。キミたちも大人になった時、同じことを誰かにできるかい?それが本当に感謝するという事です。

 

 

さてさて、今大会は



初出場の子たちもおりました。

1608487043976.jpg

それぞれよくやったと思います。

 

負けて悔し泣きをする子もおりましたが、勝負ごとにおいては幸運によって勝つことはあっても不運によって敗れることはありません。ままならない結果には必ず原因があり、その全ては自分に起因します。


そう考えることによってのみ、今日の結果は経験という種になります。その種に努力という名の水を撒くことでしか成功という花を咲かせる術はありません。


今日入賞した子たちやキミたちを破って勝ちあがった子たちはキミたちの何倍もの負けを経験しています。キミたちの何倍も種を持っているのです。そりゃあ、花が咲く確率も高いよね(笑)

 

 

人生はそんなに甘くない。

(byゾマフォン)

1608487111633.jpg

明日からまた稽古あるのみです。

 

 

最後になりましたが、コロナ禍の中、可能な範囲で大会を主催して下さった大石代悟範士をはじめ大石道場の皆様にこの場をお借りして心より感謝申し上げます。


おかげさまで一年の締めくくりの時期に選手はもちろんのこと指導側も最後まで緊張感を持って指導にあたることができました。世の中が一刻も早く平時に戻り来年度はより多くの選手と共に伺えることをご祈念申し上げます。



ありがとうございました。




押忍。


1608487040910.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R2.12.19 年の瀬は事故怪我に注意しましょう。

菊池です。

 

さて、まずは会員の皆さんへご連絡です。

 

※今週末の予定について

 

12月20日(日)は静岡県大会のため休館とお知らせしておりましたが、大会審判員に余裕が出ましたので以下の通り開館致します。


※12月20日(日)桜街道本部道場


  • 8:00  少年クラス   実施
  • 9:00  親子空手クラス 実施
  • 10:00  ボランティアクラス お休み

尚、来週(27日)は昇級審査会実施のため日曜日は今週末が年内最後の稽古となります。 



さてさて、本日金曜日は静岡県沼津市で実施された 



 役員会議に出席しました。
20201218_180917.jpg
「密」を避けるため会議室ではなく道場での会議となりました。

土曜に東京へ戻り日曜日にまた静岡(県大会)というのが泣けますが・・・。


それはさておきこの日は高速道路を車で移動しましたが、行きの道中でヒヤッとする場面に遭遇しました。自動車の運転は今日事故を起こしてしまったら、これまで20年間の無事故も意味のないものになってしまいます。


慣れるほどに大胆で大雑把になるか、それとも積み重ねてきたものを失う怖さからより慎重で繊細になるか。運転も人間関係も稽古もやはり後者でなければなりません。 

 
年の最後に無事故の1年間をなきものにせぬよう指導員、会員の皆さん共に事故や怪我には十分注意し、年の瀬のこの時期は今一度気を引き締めて稽古に励みましょう。 

 

 

押忍。


20201217_165427.jpg








R2.12.6 日曜日

菊池です。

 

さて、久しぶりに週末日曜日の道場の様子をお伝えします。

 

ここのところ9時からの「親子空手クラス」の参加人数が増えています。

 

 

今週(12/6)

1607275004758.jpg

1607275002597.jpg

型稽古中。

 

 

先週(11/29)

20201129_092440.jpg

親子スクワット中。

 

 

先々週(11/22)

20201122_100705.jpg

黙想中。

 

 

先々々週(11/15)

20201115_101125.jpg

20201115_093749.jpg

この日は体験入会の方にもお越し頂きました。

 

 

今月末の昇級審査会には「親子空手クラス」から受審する方もいらっしゃいます。週1ペースは社会人の習い事としては多くも少なくもないと思いますが、それをヘソ(中心)としてもう一日ぐらいランニングやジムへ通う日を作ると健康のための運動として適切になると思います。

 

1週間でみればわずかな時間ではありますが、5年、10年、あるいは20年というスパンで見ると、今やるのとやらないのでは大きな違いになるでしょう。日曜日の日中はウエイトトレーニングの指導も行っていますので、空手経験のない方もお子さんと一緒にぜひどうぞ。

 

 

さて、親子空手クラスの後は


 

今週も芋久保街道沿いの清掃活動を行いました。

20201108_102448.jpg

夏は暑く、冬は寒いのですが

 

 

こちらもコツコツ10年継続中です。

20201129_103401.jpg

みんなありがとう。

 

ゴミと共に捨てているのは己の誇りか自尊心か。どちらにせよポイ捨てする人は環境だけでなく自分のことも蔑ろにしている。自分を大切にしない人が幸せになる道理はありません。というわけで、シアワセになりたいわたしはポイ捨ては致しませぬ。押忍。



さてさて、時間は前後しますが日曜日は



朝8時からの

20201129_075752.jpg

(稽古前の様子)



「少年クラス」からスタートするのですが

nichiy9ouaas.jpg

(半数は親に叩き起こされているそうです)(笑)

 

実は先日このクラスでちょっと嬉しいことがありました。が、ブログがながくなりましたのでその話はまた次の機会に譲ります。

 

 

 

皆さんよい休日を。

 

 

 

押忍。


20201121_163802(0).jpg












R2.11.21 「日野多摩地区フリー会員制度」発足

菊池です。

 

さて、以下会員の皆さんへご連絡です。


※「日野多摩地区フリー会員制度」の発足について


来年度より、隣接する「豊田教室」「百草園教室」に加え、今月新たに開設する「聖蹟桜ヶ丘教室」と「多摩永山教室」の4教室を


「日野多摩地区」

Screenshot_20201121-021409_Maps.jpg

として


この4教室で自由に稽古ができる「日野多摩地区フリー会員制度」を発足致します。


各教室の稽古曜日は以下の通りです。


  • 火曜日:聖蹟桜ヶ丘教室   
  • 水曜日:多摩永山教室       
  • 金曜日:百草園教室
  • 土曜日:豊田教室

 

※各教室の稽古時間につきましては公式LINEのお知らせと予定表をご参照下さい。


新会員制度発足に先立ち、年内は体験期間として各教室の稽古を無料開放致します。実際の送り迎えの時間や稽古場などの確認、審査会や大会に向けた稽古にお役立て下さい。


先立って聖蹟桜ヶ丘教室と永山教室の体験会(教室開き)を以下の日程で行います。

〇聖蹟桜ヶ丘教室体験会

  • 日時:11月23日(月・祝)13:30~14:30
  • 対象:豊田教室の小学3年生以上クラスに参加している生徒(含兄弟)と百草園教室の小学2年生以上クラスに参加している生徒(含兄弟
  • 会場:「多摩カルチャーセンター」多摩市関戸1-11-3 桜ヶ丘プラザビル3F


〇多摩永山教室体験会

  • 日時:11月23日(月・祝)16:00~17:00
  • 対象:聖蹟桜ヶ丘教室の「幼年クラス」「小学1,2年生クラス」に参加している生徒と百草園教室の「小学1年生以下クラス」に参加している生徒。
  • 会場:多摩市諏訪2-12 アクロスビル2F


〇体験会参加希望の方は道場問い合わせフォームからお申し込み下さい。

12月以降は両教室共に参加対象に制限を設けませんが、今回の23日(月・祝)の体験会のみ参加対象区分を守ってのご参加をお願い致します。


尚、この新制度は稽古回数を増やしたいという各教室会員の方のご希望に沿うべく発足する制度です。他の習い事とのバランスや体力等それぞれのご事情から週1の稽古で十分な方はご自身のペースで稽古をご継続下さい。



ご連絡は以上です。

 


押忍。


20201108_091244.jpg

R2.10.30 金曜日

菊池です。

 

さて、まずは会員の皆さんへご連絡です。

 

※11月の休会を希望する方へ

 

  • 11月の休会を希望する方は11月6日(金)までに道場問い合わせフォームからご連絡をお願い致します。コロナ禍の期間中休会を希望する方の月会費、休会費は頂きません。尚、行き違いを防ぐため、休会の申し込みは上記の方法のみとさせて頂きます。電話やメールでは受付かねますのでご了承下さい。

 

ご連絡は以上です。


さてさて、以下は久しぶりに本日金曜日、桜街道本部道場の様子をお伝えします。金曜日は計5クラスの実施となりました。

 

 

 

16:15 幼年クラス

20201030_161950.jpg

4歳から小学1年生までのクラスです。

 

 

基本稽古の様子。

20201030_163216.jpg

年末の昇級審査会に向け気合が入ります。

 

 

白帯の子たちも少しずつ基本技を覚えてきています。

20201030_163334.jpg

年末には帯に色がつくかな?

 

 

 

17:15 少年低学年クラス

20201030_171747(0).jpg

小学2年生から4年生までのクラスです。

 

 

体幹とバランス感覚を鍛えに鍛えてきた彼らは

 

 

こんな大道芸のようなスクワットも楽々です。

20201030_173340.jpg

半分は安全に転ぶ練習でもあります(笑)

(道場の床下はウレタンマット)

 

 

ミットも

20201030_174200.jpg

いくでぇ〜。

 

 

ほっ!

20201030_174159.jpg

落ちませぬ。

 

 

 

18:20 少年高学年クラス

20201030_182354.jpg

小学5年生以上のクラスです。

 

 

組手稽古の様子。

20201030_185124(0).jpg

今月は突きと下段の返し技をテーマに組手稽古を行いました。

 

 

型稽古の様子。

20201030_185727.jpg

「撃砕小」の分解稽古を行いました。

 

 

 

19:20 型選手クラス

20201030_191915.jpg

型競技に特化した選手クラスです。

(稽古前の手指の消毒中)

 

 

 

20:30 一般選手クラス

1604252413310.jpg

中学生以上の組手の選手クラスです。

 


夜の選手クラスは中高生の試験期間とケガ人が重なりいつもより(それでも普段も10名前後ですが)参加人数が少なめでした。



月、木曜日など曜日によっては


 

夜の一般クラスの参加人数が一番多い日もあるのですが

20200706_212953.jpg

これはある日の月曜日一般クラス。

 

 

「選手クラス」というと敷居が高くなるのか、金曜日の夜はなかなか参加人数が増えないことが悩みの種ですね。ただ、組手が好きという方も多いと思いますし、各々体力、技術レベルにあわせて稽古を行いますので中学生(希望者は6年生以上も可)以上で興味のある方はぜひ参加してください。金曜の夜ですし追い込むにはいいですよ。

 

 

さてさて、おかげさまでコロナ禍にもかかわらず本部、各教室とも入会が多くそれに伴うクラスの分割などドタバタしており、ブログの更新が滞りがちですが今年も残すところ早2カ月。できるだけマメに更新したいと思って(は)おります。

 

 

 

11月も顔晴(がんば)るぞ〜。

 

 

 

押忍。

 

20201101_122214.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R210.18 換気は万全。寒気はツラい。

菊池です。

 

さて、本日日曜日は

 

 

朝8時から少年部の稽古でした。

20201018_080440.jpg

休日早起きの生徒たち。えらい。

 

 

当道場では新型コロナウィルス感染防止のため

 

 

施設の消毒。

20201012_160423.jpg

夜中にコソコソやっております。

 

 

稽古前の全員の検温。

20200730_160248.jpg

必ず全員に実施。

 

 

手指のアルコール消毒。

20200905_163109.jpg

わたしはやりすぎて手が荒れてます。

 

 

フェイスシールドの着装。

20200917_161108(0).jpg

全員に配布。

 

など可能な限りの予防対策を行っておりますが、「3密」の中で特にクラスターの原因となるのは密閉空間だそうです。一方で屋外のような開放された空間では短時間で空気中のウィルス濃度が低くなり感染のリスクも抑えられるとのとこと。

 

夏の間は熱中症の心配もあり、ドアや窓を半開きに程度にしておりましたが、ここ最近は気温も下がり熱中症のリスクはだいぶ低減しましたので可能な限り屋外に近い環境を整えるため

 

 

ドアの開放@A

20201012_160458.jpg

(道場正面側)

 

 

ドアの開放B

20201012_160623.jpg

(道場正面側)

 

 

窓@

20201012_160708.jpg

(道場奥側)

 

 

窓A 換気@

20201012_161212.jpg

道場奥側)



窓B

20201012_161222.jpg

(道場側面更衣室)

 

 

換気AB

20201012_182257.jpg

(業務用サーキュレーター2台)

 

 

換気CD

20201012_160436.jpg

(エアコン送風設定2台)

 

 

等の換気対策を行っておりますが、今日の朝稽古では子どもたちから

 

 

寒ッ!

 

 

というセリフが出ました(笑)

 

幸いなことに当道場は周辺地域の皆さんのご理解もあり音の問題はクリアしているのですが、一方で窓もドアも開けっ放しで換気もしっぱなしとなると言ってみれば吹きっさらしのような状態になりますので、感染リスクは低減できても別のリスク(風邪や体調不良)が出てきてしまいます。

 

本来、稽古は修行ですし特別な理由(アトピーなど)がない限り道着の下は素肌というのが原則なのですが、今年の冬の期間は稽古中も道着の下に長袖やパーカーなどを着ることを許可することを検討しております。(どうでしょうか?)

 

 

ということになると

 

 

 

え? じゃあ靴下は?

 

 

 

と思ったあなた。

 

 

 

そう、それが一番温いよね。

 

 

 

でも靴下は滑って危ないからダメ(残念)

 

 

 

わたしも履きたいんですけどね。

 

 

 

ん? じゃあ、足袋はどうだ?




名(迷)案か・・・?

 

 

 

押忍。

しゅうちゃんとこうき.jpg




 

 

 

 

 

R2.10.13 お知らせ

菊池です。

 

さて、まずは会員の皆さんへご連絡です。

 

※10月休会をお申し込み頂いた方へ

  • 受付完了のメールを申込者全員へ送信致しました。万が一メールが届いていない方はお手数ですが道場へご連絡下さい。


※10月の桜街道本部予定表について

  • 10月は行事、祝日がありませんので紙面による予定表の配布は行いません。


ご連絡は以上です。

 

さてさて、当道場は桜街道本部常設道場の他に6箇所の教室を設けておりますが、先日クラス分けを実施した「百草園教室」に続き

 

 

 「立川教室」 

tachikawaapla.jpg

 と



「豊田教室」
20200919_160745.jpg
(1年生以下クラス)



20200919_171936.jpg
(2年生以上クラス)



2教室も近日中にクラス分けする予定です。


立川教室は「1クラス→2クラス」豊田教室は「2クラス→3クラス」に分割します。詳細につきましては紙面、公式LINEにてご連絡致します。 

 

 

さてさて、本日は水曜日は 

 

 

 昭島教室の稽古日でした。

20201014_193618.jpg

    体力作り(スクワット)の様子。

(今日はみなで70回) 



今日は稽古の最後に久しぶりに「お説教タイム」となりました。整列や準備でダラダラし注意をされる子が多かったためです。 

 

子どもは言えば言うほど聞かなくなっていくものですし、成長に伴って自然になくなっていくことはクドクドと言わずにいることもあるのですが、今日は少し目に余り一生懸命やっている子が目立たず、そうでない子が目立ってしまうような状況でしたのでガガ〜ン!雷と雷を落としておきました。

 

 

が、そんなお説教のさなかにも頭をかいたりする子がいる始末・・・。

 

 

 

 

ゴ・・・・(怒りのボルテージが上がる音)

 

 

 

 

おい、なめてんのか?(低い声)




こわ〜。


 

と、最後はお葬式のような雰囲気で稽古を終えましたが、まぁ、たまにはそういうことがあって然り。道場は遊ぶ場所ではありませんので。

 

ちなみに私は今日のようにクドクドとお説教をした次の稽古ではまず冒頭に前回の稽古をどういった形で終えたかを子どもたちに話して聞かせて確認します。前回と同じではダメだよと。


そしてそれでもできない子は全体から外して座らせて「自分でできると思ったら来い」という形をとり、子どもが自分でやる気になるのを待ちます。それで大概の子は佳くなります。

 

教育方法は結果論です。スパルタでやろうがゆとりでやろうが結果の良し悪しで正解が変わってしまいます。ただ、スパルタでやった場合、結果がでなければ大人と子どもの間に良い関係は残りません。


ですから、できれば子どもが自ら気づいて「やる」方向にもっていきたいというのが私の基本的な考え方です。

 

正解のないことを生業とし日々指導にあたっているわけですから、これはなかなか骨が折れます。子どもの指導に携わるようになって早20年ですがまだまだ日々勉強です。

 

 

と、いうわけで生徒諸君。

 

 

 

かつて子どもであったわたしが、大人に言われれば言われるほど




聞く気がなくなったあのフレーズを今贈ろう。

 

 

 

 

キミたちのためなんだ!

 

 

 

押忍。

 

se.jpg

 

 

 

 

 

 

 

R2.10.2 もろもろ

菊池です。

 

ここ数日の道場の様子をお伝えします。



ここのところ青帯に上がった幼年クラスの2人が



率先して靴を揃えてくれるようになりました。

20200924_155638.jpg

履物を揃えると心も揃う。ありがとう。


 

 

豊田教室の幼年クラス(小学1年生以下)では

20200919_160745.jpg

(稽古前の手指の消毒中)

 

 

 

組手稽古のためサポーターを付け始めました。

20200919_161527.jpg

自分のことは自分でする。自立への第一歩です。

 

 

テキパキ完了。

20200919_161822.jpg

カンタン、カンタン。ウンウン。

 

 

悪戦苦闘中。

20200919_161555.jpg

早くして(笑)

 

全員付け終わるまでにまだ5分以上かかってしまうのが泣けますが、慣れてくれば1分半程で準備できるようになります。現に豊田教室の後半クラス(小学2年生以上)では



稽古開始前の手指の消毒時に

20200919_171938.jpg

全員装着完了(優秀です)

 

 

そうそう、それから


 

「10周年記念Tシャツ」が届きました。

20201002_191825.jpg

ご注文いただいた方へ本日より順次お渡し致します。

 


正直、デザインはビミョーだが「10周年だから」という事でご注文頂いた方も多いようです。ありがとうございます。20周年に向けここからの10年も一生懸命によりよい指導に励む所存です。

 

 

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

押忍。

 

20201002_191829.jpg

 

 

 

 

 

 

 

R2.9.28 お知らせ

菊池です。

 

さて、まずは会員の皆さんへいくつかご連絡です。


※10月の休会を希望する方へ

 

  • 10月の休会を希望する方は10月6日(火)までに道場問い合わせフォームからご連絡をお願い致します。コロナ禍の期間中休会を希望する方の月会費、休会費は頂きません。尚、行き違いを防ぐため、休会の申し込みは上記の方法のみとさせて頂きます。電話やメールでは受付かねますのでご了承下さい。


※水曜日の稽古スケジュール変更について

 

  • 先月の告知の通り10月7日(水)から水曜日の稽古稽古スケジュールを変更致します。

 

〇水曜日桜街道本部稽古スケジュール

  • 16:20〜17:20 型選手クラス
  • 17:30〜18:30 少年合同クラス
  • 18:45〜19:45 女子クラス

 

ご連絡は以上です。


 

それから、ちょっとコマーシャルですが、



私の知人が東大和市駅前に

 

 

カフェをオープンしました。

20200922_175909.jpg

 

micmiccafe.dining

https://www.micmic.co.jp/

lplplplplk7.jpg 

  インスタグラム @micmiccafe.dining


場所は東大和市駅前の「ヤサカ」の隣です。駐車場もヤサカの「P1」「P2」の両方が使えてとても便利です。


喫茶店(今はかふぇというのか?)レストラン、ホテルのラウンジ等々美味しい珈琲を出す店は少なく、ただ高いか安いかといったところがほとんどですが、ここの珈琲は本当に美味しいです。(あとオーナーがイケメンです)

 
ただのコーヒーは喉を潤すだけですが、本当に良い珈琲は勇気と活力を与えてくれます。大げさではなく私はオープン直後の22日から今日まで休日を含めて毎日通ってます(笑) 



あ、よし、じゃあ運よくお店で私と遭遇した方にはご馳走します。 

 

 

 

みなさんぜひ。

 

 

 

押忍。


akajrpjaiogjaa.jpg









R2.9.17 木曜日

菊池です。

 

さて、本日木曜日。道場の様子です。

 

 

16:00 幼年クラス

20200917_160346.jpg

ビシッと整列し稽古開始です。

 

 

準備運動。

20200917_161004.jpg

「イチッ、ニッ、サンッ!シッ!」

 

 

肩たたき。

20200917_161055.jpg

あだだだだ。

 

 

肩揉み。

20200917_161108(0).jpg

あい゛い゛い゛い゛い゛

 

 

 

17:00 小学低学年クラス

20200917_170518.jpg

このクラスになると正座がさまになってきます。

 

 

 

18:00 少年高学年クラス

20200917_181050.jpg

前列は空手歴6,7年のベテラン勢。

 

 

型稽古の様子。

20200917_181527.jpg

「腕に覚えあり」です。

 

 

 

19:00 少年選手クラス

20200917_190700.jpg

今週も「突きの強化」をテーマに稽古を行いました。

 

 

 

20:30 一般クラス

20200917_213624 (1).jpg

こちらも熱気溢れるよい稽古となりました。

 

 

さてさて、この日は稽古前に子ども同士で小競り合いがありました。まぁ、子ども同士よくあるケンカ一歩手前の揉め事です。稽古中でなければ基本的には静観して放っておくのですが、今回は片方の子が手(足)を出してしまったため介入せざるを得ませんでした。

 

 

ちなみに私が子どもを叱るのは

 

  • 嘘をついたとき
  • 誰かを傷つけた時(心でも体でも)
  • ルールを破って誰かに迷惑をかけたとき(誰も困らなければセーフの時も)

 

の3つでこれ以外の場合は基本的に叱りません。 

 

まぁ、一応双方の言い分を聞いてみるのですが、子ども同士言った、言わない・やった、やらないと埒が明かない場合が多く(笑)今回もまた然り。

 

 

わたし:

うむ。まぁ、当事者でないせんせいに真実はわからないが、事実として片方は蹴られて泣き、片方は叱られて泣いているわけだ。両方嫌な思いをしてるだろ?で、この結果が出るとわかっていてもキミたちは同じことをしたかい?これからも同じことをするかい?

 

 

子:・・・しない。

 

 

わたし:

よし。それがわかればいいんだよ。じゃあ、どっちから「ごめんね」する?

 

 

子:・・・。

 

 

わたし:

ふ〜ん。あっそ。できればおれとお前さんたちの間で解決したいんだけどなぁ。それで解決できないとキミたちの親と話さなければならないなぁ。それはせんせいめんどくさいなぁ。

 

 

子:ごめんね!

 

 

わたし:よし。終了。じゃあ並べ。(解決)

 

 

さらに今月を「おれたち2人仲良しこよし月間」に指定しておきました。顔を合わせるたびに「仲良くしてるか?」としつこく聞いてやります。わはは。

 

 

さてさて、週明け21日(月)と22日(火)は祝日のため休館となります。土日と合わせて4連休の方も多いようですね。

 

 

 

みなさん良い連休を。

 

 

 

押忍。

 

hayatetokannkunn.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

R2.9.10 お知らせ

菊池です。

 

さて、まずは会員の皆さんへご連絡です。

 

〇9月休会のお申し込みをされた方へ

  • 休会のご連絡を頂いた方には受付完了のご返信を〆切日(5日)からおおよそ5日以内に送信しております。休会の申し込みをされたにもかかわらず受付完了のメールが届いていない方はお手数ですが道場までご一報下さい。

 

〇10周年記念Tシャツについて

  • 申込み〆切は12日(土)となっております。受注生産品のため〆切後には受付けかねますのでご希望の方は〆切を守ってお申し込みください。

〇9月の休館
  • 21日(月) 敬老の日
  • 22日(火) 秋分の日

 

ご連絡は以上です。 


 

さてさて、残暑も厳しい今日この頃ですが 


 

道場は今週も元気に開館しております。

20200906_082051(1).jpg

子どもたちも元気いっぱいです。

 

 

 腕相撲で力比べ。

honoka.jpg

ハンデで男子は女子の手首を持つローカルルールですが

 

 

ぐにににに・・・・。

20200826_181049.jpg

ガチです(笑)

 

 

シャー!

20200826_181111_001.jpg

  勝利(笑)おめでとう。

 

 

新しい帯と認定状も行き渡りました。

20200819_183421.jpg

20200820_164802.jpg

20200820_175133.jpg

20200820_185621(0).jpg

20200822_181241.jpg

みんなおめでとう。心機一転また稽古がんばりましょう。

 

 

さてさて、ここのところコロナ禍の影響で途絶えていた体験入会や見学のお申し込みをポツポツと頂くようになりました。ありがとうございます。


入会動機の欄を見ると「子どもがやりたがった」ということもあれば「子どもは乗り気ではないが親がやらせたい」という場合もあるようです。

 

好きなことはほっておいても意欲が湧くものですが、残念ながら親がしてほしいことと子どもがやりたいことが一致することは稀です(笑)


キツい、ツラいのその先に得るものや大切なことがある事を我々大人は経験として知っています。しかしながらそれを知らない子どもたちにただ自由な選択肢を与えれば、基本的に彼らは易きに流れます。


経験のない彼らは我々大人よりずっと目先の損得勘定に敏感です。そういう意味では私は子どもを信用していません。

子どもが習い事にいきたがらないというのは、続けさせるべきか否かで大人として悩むところです。しかしながら我々大人はそう易々と子どもに根気負けするわけにはいきません。

 

ゲームやテレビや遊びと好きなことも沢山しているはずです。一つ二つは「親がやれというからやる」ことがあってよいのです。たかが週に数日の一時間にも満たない時間です。たったそれだけのことを我慢あるいは耐えられなければこれから先自立した大人になることはできないでしょう。

 

親子関係は先の長いものです。いつも仲の良い友達のような関係は一つの理想ではありますが、それを永続的に保つには将来的にもお互いが幸せでなければなりません。お互いが自立し様々な意味で満たされた余裕を持つ者同士でいなければよい関係を保つことはできないでしょう。


ですから今、子どもに嫌われることを恐れてはなりませんし、甘えさせることはあっても甘やかしてはならないのです。厳しく接することや時には膝を突き合わせて子どもが根負けするまで説得することも必要なのです。

 


と、いうわけで子どもたち諸君。キミたちに嫌われることを決して恐れず甘やかすことのないせんせい(おに)は明日もいつものキメ台詞から指導を始めます。

 

 

道場は遊ぶところではありません。



自分を磨き高める場所です。



楽しくやるのはよいが



ふざけるのはダメ!

 

 

押忍。

 

20200824_161755.jpg

えっへん。青帯だい(おめでとう)

 

R2.8.31 日曜日

菊池です。

 

さて、久しぶりに日曜日の道場の様子をお伝えします。

 

 

8:00 「少年クラス」

20200830_080953.jpg

朝イチから元気に飛んだり跳ねたりし(させ)ております。

 

 

日曜日早起きメンバー。

20200901_035713.jpg

休日の朝から稽古とはキミたちはなんて健全なんだ!

(えらい)

 

 

9:00 親子空手クラス

20200830_090435.jpg

逆光で画像が暗いのですが、雰囲気は明るくやっております。

 

 

ミットや受け返しの稽古も始めました。

20200830_093238.jpg

3回の参加で道着を進呈します。みなさんも週末の運動習慣をぜひ。

 

 

 

10:00 ボランティアクラス

(地域清掃活動)

20200830_100359.jpg

毎週末のゴミ拾い活動も早10年となりました。

 

 

さてさて、進級や進学に伴う塾通いなどで平日の稽古に来られなくなっても土日の朝稽古を利用して道場に通い続ける子がいます。やらない理由ではなく、できることを探す姿勢には感心しますね。

 

物事は5,6年なら始めた最初の環境下で続けることができますが、それ以上になると進級、進学、就職、結婚等々生活環境の変化を誰もが避けて通れません。しかしながら、一つのことを続ける。貫き通すというのはそういうものなのです。

 

武道とは武術を習得するための厳しい稽古の過程において、人格の完成を目指す道です。


「武術」とは本来人を殺傷するための技術であって術(すべ)でしかありません。「道」とは先に見えるものではなく自分の後にできるものです。


では「武」とはなにかと問われれば、これはどうやら未来のことであるらしいと私は考えています。

 

続けていくこと。生き残っていくこと。勝つことよりも負けぬこと。そのためには当然キツいだけではだめです。楽しみやおもしろみ、やりがいやコツを見つけること。もちろん共に歩む仲間も必要でしょう。それは人生と同じであって、武道とは続けていくことに一つの目的があるように思うのです。

 

幼年、少年、一般、女子、壮年。それぞれの空手がありますし、その時々によってそれぞれの稽古の仕方があってよいのです。環境の変化や一時の心変わりに惑わされず最初に立てた志を最後まで貫徹してほしいなと思います。

 

と、いうわけで部活や塾によってかつてのように毎日稽古に通えなくなってもコツコツ道場に通ってくる諸君。

 

 

えらい。


 

普段なかなかゆっくり話す機会や時間もないのだが、そんなひたむきなキミたちを先生見逃さないからね。

 

 

そう、

 

 

せんせいは見てないようで見ている。

 

 

 

無論

 

 

 

見ている時はめっちゃ目見てる!

 

 

 

押忍。

 

seki20140331233204.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

R2.8.18 明日から開館です。

菊池です。

 

さて、明日19日(水)道場は通常通り開館致します。

 

先月の昇級審査会の帯と認定状が届きましたので

 

 

今日は一足先に道場で「帯分け」を行いました。

20200818_151352.jpg

明日から合格者へ授与します。

 

 

コロナ禍の影響で緊急事態宣言明けから間もない時期の審査実施となりましたので、青帯以上の受審者は通常の半数以下の人数まで落ち込みました。これはまぁ、致し方ないですね。


それでも子どもたちはやはり新しい帯が楽しみなようで、

 

審査会翌日から


 

「おびは?」


 

と尋ねてきます。


 

「ひと月くらいはかかるよ。夏休みの後だよ。」


 

とそのたびに伝えてはいるのですが、

 

 

おそらくそれは彼らの頭の中では


 

「おびは夏休みが終わったらすぐ(おれは)もらえる」

 

 

へ昇華されていると思い立ち、今日急いで準備しました(笑)



それにしてもみなそもそも合否については尋ねず、貰える前提、貰う気マンマンで「いつ?」と尋ねてくるところが可愛らしいというか、ずうずうしいというか、ちゃっかりしているというか、しゃらくさいというか、子どもらしいというか・・・。

 

 

まぁ、特に初めての子たちは嬉しいでしょうね(笑)

 

 

次回は新しい帯を締めた子どもたちの画像をアップします。

 

 

 

押忍。

 

line_110515990616589.jpg



R2.8.15 夏季休館B

菊池です。

 

当道場は8月17日(月)まで夏季休館を頂いております。会員の皆さんはお間違えの無いようお願い致します。

 

さて、前回に引き続き今回も道場とは関係のない私の個人的なブログです(すみません)興味のない方はそっとブラウザを閉じて頂き、お暇な方はお付き合い頂ければ幸いです。

 

以下、長文です。

 

私に料理と車いじりの手ほどきをしてくれた人がいる。その人の名前は「ヨダさん」という。ヨダさんとの出会いは今から24年前に遡る。当時私は

 

新聞奨学生として八王子の専売所に住込みだった。

新聞や.jpg

(注:目つきが悪いのではなく眠いのです)

 

ある程度予想はしていたものの奨学生募集のパンフレットとは程遠い労働環境で特に私が配属された専売所は経営状態が悪く、半年後には「集金が終わってないから」という理由で給料日に給料が半分しか貰えないということがよくあった。

 

半分といっても元々が9万円弱の給料なのでそれはそれでなかなかヘビーだったが、実家に帰るわけにいかないし、家賃はかからない(住込み)のでまぁ、なんとかなっていた。それでも当初6人いた奨学生は半年後に私ともう一人になり、一年後には私一人になった。


そんなある日、夕刊配達から戻ると店の前にフルスモークとギラギラホイールにのりのような薄い扁平タイヤを履いたセルシオとシーマがドーンと横付けされていた。

 

ついにきたか・・・

 

そう、私は直感的に所長の借金の取り立てにきたその筋の方たちと予想した。実際、店の事務所にはサングラスにリーゼント風の黒スーツを着た中年の男と骸骨の様に頬が痩せエンジのスカジャンを着た中分けの男が座っていた。


この店も終わりか。オレはどうなるのだろうなどと部屋で途方にくれているとオレも事務所に呼ばれた。

 

おう、おまえがキクチか。よろしくのう。

 

なんとその二人は借金取りではなく、店の新しい所長(リーゼント)と番頭(中分け)だという。今は違うと思うが、25年前は新聞は東大出が作りヤクザが売る商売と言われていた。実際に所長はもともとその筋の人だったようで服役経験まであったらしい。詳しくは恐くて聞けなかったのだが。


店の経営状態はやはり相当悪かったようで新しい所長と番頭は経営を立て直すために送られてきたとのことだった。

 

で、そんな新しい所長と番頭による新体制で店は再スタートを切ったのだが、実際に所長はプロだった。今回は割愛するが、所長の下にいた数年間で学んだことは本当に大きかった。所長はおっかなかったが仕事が早く考え方が柔軟で女性に限らずとにかく人にモテる人だった。

 

話を戻すと、当時八王子はみなみ野地域の開発が始まっていて世帯数が大幅に増え各新聞販売店はみなみ野に支店を出し販売を強化していた。その中でメジャー紙に負けず劣らずうちの店も順調に部数を伸ばしていった。(ちなみに私は西東京の学生部門で2年連続最優秀賞を獲った)


が、ここでひとつトラブルが起こった。所長が連れてきたNo.2の番頭(骸骨)が店が契約していたガソリンスタンドのバツイチの女性と恋仲になり突然店を辞めると言い出したのである。


所長は烈火のごとく怒りドスを取り出して大立回りをし、骸骨の彼女が「刺すなら私を刺しなさいよ!!」などと叫ぶまるでVシネマのような光景が店の二階で展開された(あ〜みなさんあくまでこれはもう四半世紀前の話です)


が、結局、骸骨は彼女と犬を連れて店を出ていってしまった。で、前置きがながくなってしまったが、その夜逃げした骸骨の代わりに所長が呼び寄せた人物こそ私に料理とクルマいじりの手ほどきをしたヨダさんなのである。

 

ヨダさんとの出会いもなかなか衝撃だった。ある日また配達から戻ると店の前にボロボロのMINIがとまっていた。ブルーの塗装は所々剥げて錆びパンパーも曲がっている。

 

 

10インチのホイールを履いたオリジナルのMINIだった。

p1.jpg

(こんなに綺麗ではなかったけど)

 


中を覗き込むと布団やらフライパンやら鍋やらの生活用品が雑然と積まれていた。お客さんかな?と思って店に入ると事務所に茶髪の大男が座っている。

 


「今度から番頭でやってもらうからのう(広島弁)」

 

と所長が紹介したその人こそがヨダさんだった。


やっと出てきたヨダさんの特徴をざっくり説明すると、身長は183センチ、体重は100キロ以上でお腹が出ている。前髪が薄くなっている茶髪で前歯が二本ともなく、顔面に麻痺があり、左の頬が常に痙攣している。


笑い方は「ウフフフフ〜」である。


本人曰く、前歯と顔の麻痺は昔キックボクシングをやっていた時の後遺症とのことだったが、その割にはケンカはめっぽう弱く、新規の取り合いでモメているとピッチが入り所長と私が駆けつけると鼻血を出してうずくまっていたり、どっかの団長に説教されて泣いている。ということがよくあった。


あとで所長に聞いたら、前歯は折れたのではなく溶けたらしい。顔面の麻痺はパンチのダメージではなく神経をやられたかららしい。シンナーで(笑)


そんなヨダさんが加わって、おっかないけど渋い所長と変だけど優しいヨダさんと青森から上京してきたキャイ〜ンの天野さんそっくりの鈴木と一番下っ端のヒデ。それからゴールデンレトリバーのnewsとの共同生活が始まったのだった。

ちなみに他のメンバーもざっくり紹介しておくと、鈴木は新しく入った奨学生で専門学校を卒業するまでの2年間店にいた。青森のド田舎出身で初めて駅まで迎えに行ったとき、人の多さに「今日は祭りですか?」と尋ねられたことをよく覚えている。

 

ヒデは借金まみれの父親に連れられて障害をもった妹と共にある日店にやってきた。初めてあった時ヒデと妹の体からは蚤が飛んでいて、依田さんが脛を咬まれ「カイーカイー」と大騒ぎしていた。風呂に入れて食事をさせた時のヒデの笑顔は忘れられない。

 

newsは茶色のゴールデンリトリバーで片手で抱えられる頃からみんなで育てた。店の前に繋いでおくと通りの人が色々な物を食べさせるからすぐに太ってしまい犬のくせに定期的にダイエットをさせられていた。

 

さてさて、今はもうないのだが、当時我々が生活していた店は当然ながらお風呂やトイレ、台所は共同で食事もみな一緒だった。それまでは骸骨の彼女さんが食事を作ってくれていたのだが、夜逃げした後は代わりにヨダさんが食事を作ってくれることになった。


ヨダさんは若い頃に洋食屋でコックをやっていたらしく(これはたぶん本当)料理が上手かった。だから、オレはヨダさんから包丁の使い方や料理の仕方を教わった。


クルマの整備はヨダさんが乗ってきたクラシックMINIで基本的なことを覚えた。ヨダさんのMINIはそれはそれはボロで店にきてからは動かなくなり、駐車場も借りずに店の近くにずっと路駐しっぱなしだった。

 

所長には「どっかに捨ててこい!」といつも怒鳴られていたが、ヨダさんにとっては大事だったようでいつも所長に内緒でこっそりいじっていた。


ちなみにどれくらいボロいかというと、そもそも車検が切れていて(!)エンジンはたまにしかかからない。ちなみに一発目でかからないとプラグがカブりその日はもう乗れない(笑)

 

そして極めつけはブレーキが効かない。え?と思うかもしれないが、本当に効かない。じゃあどうするのかというと止まるときはエンジンブレーキで減速し最後はサイドブレーキを使う。でもそれだとブレーキランプがつかないから、一応ブレーキも踏む。そんな状態でよく店まで来たもんだと呆れてしまうが

 

 

キクちゃん、大事なのは車間。あとはコツだよコツ。ウフフフフ〜。

 


ヨダさんはそんな人だった。

 


ハッキリいって大男のヨダさんにMINIはミスマッチだったけど、小さくて速いクルマが好きだと言っていた。そんなヨダさんのMINIのバッテリーを繋いだり、ブレーキを修理したりと車検をとるために暇をみつけては二人でよくいじっていた。


ヨダさんは猛烈に変な人だったが、色々なことを知っていてまだ18、19のオレに良いことも悪いこともたくさん教えてくれた。まぁ、ほとんどはこういう大人になってはいけないという反面教師だったけど・・・。

 

めちゃくちゃな人だったけど気前がよくて集金バッグからお金を取り出してはよくジュースやマックをおごってくれた。拡張(営業)行ってきます!と言って出ていくと3回に2回はパチンコだった。

 

昔付き合っていたフィリピン人女性との写真をたくさん持っていて、オレに美人だろ?とよく自慢した。今日は久しぶりに会うんだとめかしこんででていくこともあったが、実はパチンコだった。今日は靴を買ってやったんだなんて見栄をはってたりもしたっけな。めちゃくちゃなひとだけど優しくて憎めないいい人だった。

 

文字通り1つ屋根の下で同じ釜の飯を食い、一緒に料理をして一緒にクルマをいじり、配達や集金、拡張までなんでも一緒だった。

 
そんなヨダさんと事務所で不着番(新聞の入れ忘れがあったときのための電話番)をしていた1月の寒い日の朝だった。背中越しにドタンッ!と大きな音がしたので振り返るとヨダさんがうつ伏せに倒れていた。

 

 

急性くも膜下出血。

 

 

 

ヨダさんは死んだ。

 

 


あの日のことは20年以上たった今でも鮮明に覚えている。倒れたヨダさんを仰向けにして脈を取った。119番をして所長と二人で心臓マッサージと人工呼吸をした。前歯のないヨダさんとマウスtoマウスだった。


店の向かい家に消防士さんが住んでいたから、ヒデに

 

ヒデ!村山さん呼んでこい!

 


と叫んだら

 

 

テンパったヒデは村山さんちの爺さんを連れてきた(おい)

 

 

爺さんじゃねぇ!村山さんだ!!

 


と所長がキレていた(笑)

 


そんなドタバタの後、救急車で病院に搬送されたヨダさんは結局助からなかった。あの日の朝、頭が痛いんだよなぁってそういっていた。おれはバファリン飲めば。と言っただけだった。

 

ヨダさんが失くなった後、遺族の方に連絡がつくのに丸二日かかった。ヨダさんは当時のオレと同じように高校を出てすぐ家を出たきり20年以上音信不通になっていたらしい。

 

20年ぶりだというヨダさんのお姉さんが対面したのはヨダさんの遺体だった。20年の間にご両親もなくなっているとのことだった。そういえばヨダさんと家族の話はしなかった。


お姉さんとその旦那さんそして俺たちだけの通夜でおれは泣きじゃくった。ビールを飲みまくり翌日の配達をすっぽかした。後にも先にもあんなに泣いたことも仕事をすっぽかしたこともない。自分をなくすような酒は飲まない。ヨダさんから最後に教わったのはそれだったかな。


遺体になったヨダさんのおでこに自分のデコを押し付けて泣きじゃくっていた小僧は今年ヨダさんと同じ42歳になった。



長々と駄文を打ってしまいました。自分の道場とはいえ、個人的なことを書き連ねるのはどうかとも思いましたが、寂しく逝った大切な人の供養のため今回のみお許し下さい。


人は19歳.20歳.21歳の三年間のことがずっと後を引くように思います。


例えば、中高と部活をやっていても大学、あるいは社会人になってもそれを続ける人は本気の人です。19〜21歳になっても続けた人は今でもそれを続けたりなんらかの関わりをもっている人が多いのではないでしょうか。

 

大学受験が終わっても熱心に勉強や読者を続けた人は今でもずっとそうした姿勢でいる人が多いのではないでしょうか。


反対にその3年間でパチンコを覚えた私の友人は今でもパチンコをしていますし飲み歩いていた友人は今でも元気に飲み歩いています(笑)いかがわしいお店に出入りするようになった連中もまた然り(笑)


この他にもこの頃時間にルーズだった人や部屋の片付けができなかった人は今でもそのままということが多いのではないでしょうか。


束縛が減り自由が増え自分で選択ができるようになったときの考え方や価値観、あるいは金銭感覚などもこの頃のものがあとにずっと引くように思うのです。


私にとってのその期間はヨダさんとの期間でした。教えられ、学び、今の私の基礎がつくられたように思います。

 

ヨダさんは亡くなるその時、死を意識できたのだろうか。オレは42の時どうなっているのだろうか。そのことをずっと考え続けてきました。ですから42歳という年齢は私にとってとても意味あるものでした。


その歳になったらヨダさんのことを書こう。そう思ってきました。お付き合い頂きありがとうございます。気分を害された方がいらしたらお詫び致します。

 

 

ヨダさん、お盆に帰って来たらオレのところにも寄ってくれないかな。


 

去年クルマを買い換えたんだよ。


 

ヨダさんが乗りたがっていたあのインディゴブルーの106に。


 

古くて手はかかるけど、ブレーキはちゃんと効くんだぜ。

 

 

 

押忍。

 

20200817_051140.jpg






 

R2.8.14 夏季休館A

菊池です。

 

道場は8月12日(水)から8月17日(月)まで夏季休館を頂いております。火曜の定休日を挟み開館は19日からとなります。会員の皆さんはお間違いのないようお願い致します。

 

さて、夏季休館中という事で前回は道場と全く関係のない私の個人的な趣味のブログをアップさせて頂きましたが、前回に引き続きなんと今回もごく個人的な内容となります。興味のない方はそっとブラウザを閉じて下さい。

 

と、いうわけで今回は料理の話です。私は基本的に普段は自炊で食事の回数は一日2回。仕事のない日は1回。尚、料理をするのは夜のみです。まぁ、料理といっても本当に好きな人のような凝ったことはできないのですが。

 

朝食のパターンは決まっており

 

 

ほぼ毎朝これです。

20200715_140420.jpg

プロテイン、スープ、コーヒー、シリアル、サラダ。

(この他は卵を焼くぐらい)

 

 

基本的には高タンパク、低脂質を心がけています。

20200412_152438.jpg

野菜は常に多めです。

 

 

これはなにを作ろうとしているのでしょうか?

20200816_011121.jpg

焼きそばと卵。

 

 

正解は「オム(焼き)ソバ」

20200816_012134.jpg

(中身は「焼きそば」です)

 

 

さてさて、そんなわけで今回も全く中身のない内容ですが、せっかくですので久しぶりに「ちょっと神経質なオトコの料理にありがちなこと」をいきたいと思います。

 

 

ちょっと神経質なオトコの料理にありがちなこと(更新版)

 

  • アクを入念に取りすぎて味が痩せる
  • スーパーで選ぶ野菜、結局最初に手にしたものを買う
  • 主菜は作るが副菜は作れない
  • 作るのよし、食うのよし、食った後むなしい
  • 最近のネギの値段に売り場で一人失笑(やな奴)
  • 外食すると無意識に原価を計算してしまう
  • 食洗器の洗剤、つい多めにいれてしまう
  • ニンニクだけは国産にこだわる
  • 夏は上半身裸で料理→油が飛んで「あちぃ!」ってなる
  • 堕落だとピーラーを捨てる→めんどくさくてまた買う のループ
  • ギリを狙って届かない→やり直し でラップを無駄に消費
  • IH、鍋が振れないから嫌い
  • グリルをトースター代わりに使用→パン炎上


以上お粗末でした。 

 


さてさて、前回、今回と2回に渡りしょうもない内容のブログを上げて参りましたが(申し訳ありません)実はこれ、前振りです。と、言いますのもここまで読んでいただいた方は「先生はどこでクルマいじりや料理を覚えたんだろう」という疑問が湧きますね?(え?そうでもない?) 

 

そう、クルマいじりも料理も24年前に私に手ほどきしてくれた人がいました。実はその人のことを書きたくて過去2回のブログを書いたのです。その人は「ヨダさん」といいます。 

 

 

 と、いうわけで次回に続きます。



押忍。


20190507_204512.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

R2.8.12 夏季休館中です。

菊池です。

 

さて、現在道場は夏季休館中です。定休日を挟み開館は19日(水)からとなります。会員の皆さんはお間違えの無いようお願い致します。

 

私といえば休館中もトレーニング頻度は変わりませんので夜はルーティーン通り道場を開けておりますが、珍しくまとまった休みを頂いておりますので昼間は趣味の時間にあてさせて頂いております。

 

以下、道場とは関係のない個人的な趣味の内容となりますので興味のない方はそっと(そ〜っとね)ブラウザを閉じて頂ければ幸いです。

 

まず、休日と言えば私は洗車です。とは言いましても洗車オタクの私の場合、外装ではなく内装の方に重点をおいています。

 

 

シートを外して

20190430_215840.jpg

掃除機をかけます。

 

 

センターコンソールも外して

20190405_170611.jpg

掃除機をかけます。

 

この他


外せるものは全部外し

20190331_190809.jpg

20190331_191041.jpg

洗います。

 

 

次に私のクルマは雨が降ると「テールランプに水が入る」持病があるため定期的にバラしてドライヤーをツッコみ


 

乾燥させる必要があります。

20200520_163510.jpg

ブオォォォォ〜。

 

 

ちなみにその水の量は結露するといったレベルではなく、半年ほど放置すると金魚が飼えるぐらいの水が溜まるという・・・(泣)



もちろんこれまでも

 

 

パッキン部分を強化したりといった対策をしたのですが

20200520_180015.jpg

あまり効果なし。

 

 

これはもはや構造的に水が入ることは防ぐことができないと判断し


今回は


 

下部にドリルで穴をあけドレイン(排出口)を作りました。

20200520_155257.jpg

水を通してしまうという逆転の発想です(解決)

 

 

それからこういうご時世ですので私のクルマにもドライブレコーダーを装着することにしました。

 

 

オーディオから電源を取ろうとしたところ

20200429_172324.jpg

おっと・・・。

 

 

これは・・・。

20200429_172318.jpg

ビニールテープで接続されている部分がありますね。

 

 

中古車を購入した場合、前のオーナーがどういった扱いあるいはどういった業者に作業を依頼したかはわかりませんので、バラしてみるとこういったことが散見されることはよくあります。まあ、仕方がありませんね。結局ここから電源を取ることは断念し

 

 

ヒューズボックスから電源を取ることにしました。

20200502_181452.jpg

簡易テスターを使ってアクセサリー電源を探し

 

 

工具箱に転がっていた汎用品で配線を作ります。

20200502_200724.jpg

こんな感じです。

 

 

ついでにダッシュボードや内張の中に残っていた


 

不要な配線を外しました。

20200511_004947.jpg

これをゴミ箱に叩き込むときの快感と言ったらもう。

 

 

次にシート高の調整です。「胴長」「短足」「横脚」「ガニ股」「顔デカ」という日本男児の特徴を色濃く持つ私は自慢ではありませんが大概クルマのシートが合いません。


特に「胴長・短足・顔デカ」というところは如何ともし難く、天井に頭が近すぎ圧迫感から長時間運転すると疲れたり頭痛がしたりしてしまいます。

 

 

シートを低いものに交換したりもしているのですが

20200417_211549.jpg

(2万円で落札した中古のレカロシート)

 

 

さらに今回はクッション部分を削ることにしました。

20200417_213250.jpg

アンコ抜きといいます。

 

 

20mmでデザインします。

20200417_213219.jpg

薄くしすぎると痔になります。

 

 

ひたすらやすりをかけ続け完成。

20200417_232109.jpg

滑らかに仕上がりました。

 

 

(before)                           (after)

20200417_205700.jpg

見た目以上に効果があります。

 

 

最後にここのところ、ある一定の回転数になるとルーフからビビり音が出るようになっていましたのでルーフライニングを外してみると

 

 

スポット接着の部分が

20200429_140754.jpg

一部剥離していましたので

20200429_140342.jpg

 

 

新たにシールをし直しました。

20200502_174143.jpg

(解決)

 

 

以上、休日のクルマ趣味編(変?)でした。



次回、「ちょっと神経質なオトコの料理編」に続きます。

 

 

 

押忍。


20191127_004424.jpg