東大和市にある極真空手 友心会道場です。

30.6.20 立川柴崎教室新規開講!

 ぱど6/22号をご覧頂いた方へ

pado pado.jpg

   

当道場ホームページへアクセス頂き誠にありがとうございます。

  

立川柴崎教室体験会の

kjaithaujkjlhji.jpg

お申込み、お問い合わせ等は

  

お電話又はホームページからお気軽にお問い合わせください。

 

親切、丁寧な対応を心がけております!

 

~立川柴崎教室無料体験会~

  • 日時:7月7日(土)7月21(土)15:30~
  • 会場:グローバルステップアカデミー体育室
  • 特典:入会金(¥5,400)道着(¥10,800)無料
     
    会 場 地 図 

会場地図.jpg

 

※新規開設につき全員が初心者。初めての方でも安心です!

お問合せ・見学のお申し込みはお気軽に

当道場について不明な点や質問がございましたら下記までお気軽にお問合せください。
見学、体験入会のお申し込みもお気軽にどうぞ。

 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL : 042-567-0393
受付時間 : 15:00〜22:00

お気軽にお問い合わせください

火曜日は休館です


親切、丁寧な対応を心がけております。お問合せをお待ちしております。

新着記事

新着記事を随時更新しています。↓↓↓
2018年06月20日

H30.6.20 立川柴崎教室開講!

菊池です。

 

さて、トップページにも記載されておりますが、7月から新たに

  

  

立川市で空手教室を開講します。 

pado pado.jpg

https://ebook2.padonavi.net/pdf_e/014_837.pdf

 

  

立川教室の場所は

CFIS_logo+name_ol_new.png

http://school.gsacademy.com/

 

 の体育室をお借りすることになりました。

taiikushitu.jpg

広くて明るい稽古場です。

 

場所は

 

立川駅から徒歩10分(960m)柴崎体育館駅から徒歩1分(92m)

(ナビタイム調べ) 会場地図.jpg

駅の目の前です。

 

当道場は桜街道本部道場の他にあきる野市と昭島市に教室を開設しており、立川市の教室が3つ目の開設になります。各教室共に本部常設道場と同じ指導を行っており、昇級審査の受審や大会出場も同様に可能です。

  

  

これは今日の昭島教室の様子。

20180620_192333.jpg

ちなみにやっているのは鬼ごっこです。

(ウォーミングアップね)

 

 

今日は大雨で参加人数が少なめでしたが 20180620_202616.jpg

20180620_192824.jpg

20180620_193141.jpg

20180620_192653.jpg

活気溢れるよい稽古となりました。

 

 

さてさて、立川教室の稽古場となるGlobal Step Academyさんはインターナショナルスクールなのですが、先月会場の下見に伺った際はちょうどレッスン中でバラエティーに富んだ国々のお子さんがたくさんおりました。

 

Who are  you?

 

と色々な子に声をかけられたのですがみな可愛らしかったです。何年後かの道場や友心カップの会場は今よりずっと国際色豊かになるかもしれません。

 

 

 

ちょっと楽しみ。

 

 

 

押忍

20180620_194225.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年06月13日

H30.6.13 育成主義

菊池です。

 

さて、先週末に青山学院大学で開催された

 

 

関東飛翔試合(600名参加)では 

o1080081014208850922.jpg

残念ながら当道場から入賞者はでませんでした。

(加藤先生、ブログから写真を頂戴しました)

 

それでもそれぞれの選手がよく健闘しました。これにめげずまたがんばって欲しいと思います。

 

さてさて、ところで今大会ではとても印象的且つ対照的なことがありましたのでブログに綴っておこうと思います。

 

まず、当日審判員で会場にいた女子大生の生徒が

 

 

「先生、さっき負けた子を思い切り引っ叩いている人がいました。信じられない」

 

 

と私に報告にきました。

 

もちろん、しつけの仕方は様々ですし厳しく接しなければならないシーンだったのかもしれませんがハナシを聞く限りではコートから戻ってきた直後に顔をパッカーンといったそうです。

 

 

一方でうちの道場で一回戦で敗れたRくんの親御さんは

 

試合後

 

 

「負けはしましたが、今回は下がるまいという気持ちが見えたのでよかった。先生ありがとうございます。引き続きよろしくお願い致します」

 

 

とおっしゃてくれました。

 

 

極真空手の創始者、大山倍達総裁は

 

 

「極真空手は勝負偏重主義である。勝負においては親、兄弟と向かい合っても勝たなければならない」

 

 

とおっしゃったそうです。

 

これはとても大切なことで、とことん結果にこだわるからこその稽古だと思いますし、そういった姿勢で試合に臨むからこそ出た結果が嬉しかったり悔しかったりするわけです。そしてそれが次に進む原動力になります。

 

しかしながら私は青少年のスポーツ(ここではあえて武道ではなく競技という意味でこう呼びます)は勝負編重(結果)主義ではなく、プロセス主義であるべきだと思っています。

 

勝つことだけが目的でそれだけが楽しみというならば、ほとんどの子がやっていてつまらないということになります。これが転じて我々大人は「勝ったら褒めて、負けたら叱(怒)る」ということになりがちです。

 

そうではなくて、勝利という目的に向かってどういった過程(プロセス)やアプローチをとったか、それに向けて自分がどれだけ成長できたかというところに楽しみややりがいを見出すことが大切ですし我々指導側はその点を重視する

 

 

 「育成主義」の立場をとらねばならないのです。 20180611_202051.jpg

(選手クラスのみんな。ウチの子たちはみな明るいです)

 

 

先に挙げたお2人の親御さんの子どもへの対応はその点を端的に表していると思います。

 

実はRくんは前回の試合でも一回戦負けだったのです。

 

彼は蹴りが得意なのですが、組手になるとどうしても下がって蹴る癖がありました。ですから練習ではとにかく前に出て蹴ることを繰り返し指導してきましたし、彼もそれに応えよく意識して練習してきました。そして試合でもその姿勢がよく表れていました。ですから私は負けはしたものの、前回よりも成長しているなと感じたのです。

 

ただ、一方で結果自体は前回と同じ初戦敗退でしたので親御さんはどう思うかなと正直心配でしたし、彼に代わってきちんと話をせねばならないと思っていました。ところが、親御さんには先に述べたようなことをおっしゃって頂き安心した次第です。

 

子どもはもちろん、我々大人もついつい目に見えるわかりやすい結果を求めてしまいがちです。なまじっか結果が出始めると余計に(笑)

 

ただそれは子どもにとってよくないことと感じます。道場でも試合、合宿、審査等何らかの結果が求められることなると途端に尻込みをする子が多いのは結果主義の弊害の一つだと思うのです。

 

 

勝て(やれ)そうならでるがそうでないなら出ない(子)

 

 

うちの子にはまだ早い(親)

 

 

結果を重視しそれを恐れるが故にそうなってしまうのであって、大切なことは高い目標に向けてどう向き合ったか、そこに向けてどのようなアプローチやプロセスを経てどう成長したかというところなのです。

 

結果を恐れてただ尻込みをしていてはそもそも目標を目指すこともプロセスを経ることもできず結果としてなんの成長もありません。

 

彼らにはこれから先の人生において結果を出さなければならない時、結果を求められる時がきっとあるでしょう。しかしそれは今ではないのです。今はいつか来るその時のために気構えを作る時だと思うのですが。

 

繰り返しになりますが、スポーツとはいえ勝負事ですから全力で結果を獲りにいくことは重要です。しかし青少年スポーツにおいてはそれが最重要課題であってはならないと思います。

 

勝利という目的に向かうそのプロセスの中に工夫や成長、あるいは仲間たちとの絆があり、そこに楽しみややりがいを見出すからこそスポーツは楽しい。

 

楽しいから続けられる。続けられるから上達し成長する。続けていくこと、生き残っていくこと。厳しさも必要ですがそれだけでは続きません。楽しみや仲間もやはり必要なのです。

 

久しぶりのブログで長文となってしまいました(すみません)が大会を終えて改めてそんな風に思った次第です。

  

さてさて、最後に今大会がデビュー戦の予定でしたが、当日になって熱を出してしまったキミへ。

 

今回は欠場になって勝つことも負けることもできなかったけれど、先生はキミについては最初から勝ち負けはどうでもいいと思っていたんだよ。

 

試合に出ると決めてヘッドガードを買って貰い選手クラスに通いましたね。がんばりすぎて吐いてしまったこともありました。

 

そうして過ごした日々で感じたことや積み重ねたことがこれからのキミを形作っていきます。それはなにより尊いものです。

 

キミの気持ちは先生が試合会場にちゃんと運んでおきましたから、また仲間たちと一緒にがんばろう。

 

 

押忍。

 

 kokokokokjhgfd.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年06月06日

H30.6.6 お知らせ

菊池です。

 

さて、まずは会員のみなさんへいくつかご連絡です。

 

※配布物について

 

  • 6月本部稽古予定表
  • 6月昭島教室稽古予定表

 

の2点を配布中です。

 

※今週末の休館について

 

  • 10日(日)は「関東飛翔試合」のため道場は休館となります。会場は青山学院大学体育館(渋谷駅から徒歩5分)です。お時間のある方はぜひ会場に足を運んで選手を応援してください。

 

※夏合宿について

 

  • 夏合宿の申し込み〆切は6月29日(土)です。

 

ご連絡は以上です。

 

さてさて、先週の友心カップの余韻が残る週明け月曜日。勝った子も負けた子も変わらず道場にやってきました(えらい)

 

 

幼年クラス

20180604_161440.jpg

来るなり「今度は勝つ!」と宣言した子が数名おりました(笑)

 

 

 

小学2,3年生クラス 20180604_171450.jpg

帯色が変りついに最前列に躍り出た子が数名。

 

 

 

小学4年生以上クラス

20180604_182159.jpg

どの曜日もこのクラスが一番多くなりました。

 

3,4,5月の入会シーズンで22名ほどの入会がありましたが、小学4年以上の入会は大人を含めて4名のみ。他は全て小学3年生以下の入会でした。

 

数年前は下のクラスが多く学年(年齢)上がれば上がるほど参加人数が少なかったのですが、今はバランスが逆転し後半のクラスの参加人数が多くなりました。下から入って上まで残っているということですから道場としてはよいことではありますね。

 

 

一般クラス 

20180604_213845(0).jpg

20180604_214754.jpg

一般部女子率の高さもわが道場の特徴です。

 

 

さてさて、いよいよ季節は梅雨入り。小雨のパラつくいやな季節ですが、体力勝負の夏に向け日々稽古あるのみ。

 

 

 

わたしも生徒に負けず顔晴(がんば)ります

 

 

 

 

押忍。

 

20180604_172239.jpg