東大和市にある極真空手 友心会道場です。

アクセスありがとうございます。

当道場のホームページにアクセス頂き誠にありがとうございます

 

当道場はオープンから7周年の道場です  

oioioioioioioioiohh.jpg

専門のスタッフが丁寧な指導を行っておりますので

空手経験のない方も心配には及びません!

 

日々の稽古の様子は 道場ブログ 「友のこころ」 をご覧ください

 http://www.tomono-kokoro.jp/category/1393270.html ←クリック!

   お問い合わせお待ちしております!

 

お問合せ・見学のお申し込みはお気軽に

当道場について不明な点や質問がございましたら下記までお気軽にお問合せください。
見学、体験入会のお申し込みもお気軽にどうぞ。

 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL : 042-567-0393
受付時間 : 15:00〜22:00

お気軽にお問い合わせください

火曜日は休館です


親切、丁寧な対応を心がけております。お問合せをお待ちしております。

新着記事

新着記事を随時更新しています。↓↓↓
2017年07月25日

H29.7.25 配布物のお知らせ

菊池です。

 

さて、まずは会員の皆さんへ配布物のご連絡です。

 

現在、

 

  • 8月本部予定表
  • 8月昭島教室予定表
  • 夏合宿のしおり(参加者のみ)

 

を配布しています。上記の物は近日中にメール配信サービスでも配信予定ですのでご査収ください。

 

さてさて、時間をちょっと遡り週末日曜日の道場の様子です。

 

 

朝8:00 少年クラス

kjgyt7y678u9ikmnftyuikkncdfgtyui.jpg

ミットを使った稽古。

 

 

「受ける」方も技術が必要ですが

mittodeminnnaa.jpg

子どもたちは上達が早いです。

 

 

9:00 親子空手クラス

oykaokariahtaqh.jpg

わいわい。

 

 

今週も様々な親子対決が展開。

cjhgfdefrtyuiuytfrdsdfghj.jpg

必死なのは大人のようですが(笑)

 

親子空手クラスはお子さんが会員の場合(逆も可)どなたでも自由に参加できます。3回参加すると道着を進呈しますので我こそはという方はぜひご参加ください。週に一度でも運動をする習慣があるのは健康にもいいですよ。

 

 

10:00 ボランティアクラス

kjhgftyuijkhgftyuijjgcdfgtyuiolo;.jpg

街道沿いをテクテクテク。

 

 

ゴミ拾いをしながら歩きます。

lkjhutyr657u7ikjhgfdswdertyuiop.jpg

今週もみんなありがとう。

 

この活動も道場開設時から7年半毎週続けていますが、「ごみが散乱している場所にゴミを置くことは良心が痛まない」いわゆる「割れ窓理論」というのは本当だと思います。

 

始めた頃は大きなごみ袋が2,3個はいっぱいになるくらいのごみの量だったのですが、最近は一個のゴミ袋の半分にも満たないのです。キレイな道にはポイ捨てをしづらいのでしょう。

 

落書きやごみの少ない街は犯罪率も低いそうです。できることをコツコツと。地域貢献の一環としてこれからも続けていきますので皆さんもぜひご協力ください。

 

 

休日の午前中にゴミ拾いをするのというのもいいものです。

 

 

 

だまされたと思ってぜひ一度!

 

 

 

押忍。

 

takanokeri.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年07月22日

H29.7.22 金曜日

菊池です。

 

さて、まずは会員の皆さんへ夏季休館のお知らせです。

 

今年の道場の夏季休館は

 

  • 8月19日(土)〜25日(金)

 

を予定しています。

 

来週には来月の予定表を配布しますのでご確認下さい。よろしくお願い致ます。

 

さてさて、夏休みということで普段以上に道場に子どもたちが溢れるだろうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、普段と変わらないかむしろ減るというのが実感です。いつでも行けると案外いかないのは子どもも一緒かな?

 

 

というわけで金曜日の各クラスの様子をお伝えします。

 

 

1クラス目

「幼年クラス」

rnahtafnblaujhagluhjth;aghjui.jpg

SAQトレーニングでウォーミングアップ。

 

 

今日も自分で帯を結ぶ練習をさせましたが、今回は少し工夫をして

 

 

帯を「結んであげる」練習。

mnrabafnbahfhavhgfbvgahj.jpg

パートナーは物言わぬミットくんですが(笑)

 

 

できました。

yokudekimashitaraa.jpg

 上手。

 

 

ちょっと苦戦中。

cyotttokurojatjap.jpg

え〜と・・・。

 

 

できた。

yossyraa.jpg

よっしゃ。

 

 

自分のことは自分でする。自立への第一歩です。

 

 

2クラス目

 「小学3年生以下クラス」

ioioiojijara.jpg

正座が段々様になってきました。

 

 

ミットを使った蹴りの練習。

hg7yujdktyukjcdfgtyuio.jpg

構えて〜

 

 

アタッ(ク)!

kjhgy8ojkhfrty78949aat.jpg

ビシッ!

 

 

夏休みということで最後の5分はレクを入れました。

jhgfr6i678u7jhsdertyuilkcdfgtyui.jpg

ミットを一番高く積んだチームが勝ち。

 

 

デ〜ン。

kjhyto7867890ijftyui.jpg

なかなか。

 

 

慎重に慎重に。

lkjhgyft6678iokjdftyui.jpg

そ〜っとね。

 

 

タイムリミットが迫り焦るチーム。

jhut7oikjhfghyukjcfghju.jpg

ヤバイヤバイ(笑)

 

 

あ〜

ppkjhktdirtylujcxrsdfgthyjui.jpg

グラッ

 

 

チーン・・・。

jhgftdrkjdfgyujcdfgyhui.jpg

はい、終了〜。

 

 

 

3クラス目 

「小学4年生以上クラス」

hgftri656o79ajbvruay4yrhay6789.jpg

 正座、整列に乱れ無し。

(さすが)

 

 

こちらも全力でがんばりました。

lkjgfytr6yu8iogfrtyuiop.jpg

ドドドドドドドッ。

 

 

4クラス目 

「型選手クラス」

hgyfotyuikkhcfgyuio.jpg

先輩に型を教わります。

 

 

 

5クラス目

 「一般選手クラス」

lkjhguyto890oplkjjftyuio.jpg

ビックミットで息上げ。今日も燃えました。

 

 

この後23時くらいまで居残り組が自主トレを行い、私はそこから自分のトレーニングと掃除をして0時半ごろ閉館となりました。

 

クラスが連続する日は食事はおろかトイレに行く暇もありませんが、今日もあっという間の一日でした。

 

何事もダラダラとやったときはただ疲れるだけでその疲れを翌日に持ち越してしまいますが、集中して一生懸命にやったときは疲れすら爽やかでまたやるぞという気になります。

 

 

ま、アラフォーのおっさんが

 

 

 

さわやかです。

 

 

 

とかいうのもなんかあれですが・・・。

 

 

 

押忍。

 

iu8769iokjhfrtyuiop@s.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年07月19日

H29.7.19 暑い熱い厚いハナシ

菊池です。

 

さて、暑い日が続いておりますが、本日も各クラス熱い稽古を実施。

 

 

昭島教室

lkjihjhaujkrahjtotaa.jpg

画像が荒れておりますが今日はスポーツセンターでの稽古でした。

 

 

そうそう、暑い(熱い)といえばいよいよ来週末に迫った夏合宿ですが、

 

 

現在参加者に「合宿のしおり」を配布中です。

kjhgftr6t7yuiyfdertyuio.jpg

集合時間や持ち物等が記載されています。

 

ちなみに当道場の夏合宿はお遊びなしの通称「ジゴクの合宿」です(笑)

http://www.tomono-kokoro.jp/article/15218574.html

 (↑過去の合宿の様子はこちら↑)

 

 

それが故、リピーター率が非常に低くなんと今年は定員に達しませんでした。わはは。

 

キツイぞ〜キツイぞ〜と散々脅かすわたしも悪いのですが、それでも「やってみるか」とチャレンジ精神を発揮して欲しかったというのが本音ですね。

 

日々の稽古の中で子どもたちによく話して聞かせるのですが、例えば昇級審査での体力テストでスクワットをするとき、

 

規定数をやれば合格できる

やらないと受からない

やらなければいけない

やらされている

 

 

という状況では当たり前ですがみな雰囲気が暗いのです。

 

しかしそこで「よし、どれくらいできるかやってみよう」とか「号令に遅れないようにやってみよう」等々なにかに挑戦する気持ちというか、チャレンジ精神をもって臨むと同じことをするでも前向きで明るい雰囲気になります。

 

こういったスタンスは別に稽古に限ったことではなく、大人になってからも同様です。

 

仕事の中で最も厳しいものの一つはいわゆる「飛び込みの営業」ですが、かつて私は某新聞社の拡張コンクールで西東京学生部門2年連続トップ(えっへん)の成績をとったことがあります。

 

新聞の勧誘などは10軒ピンポンしても10軒ガチャ切りされるという世界です(笑)経験がある方ならわかると思いますが、これは結構凹みます。

 

さらに、今はどうだか知りませんが、20年前は契約を取れなかった拡張団の団員が毎日事務所で団長にぶん殴られているという世界でしたので、それはそれはプレッシャーでした。

 

我々新聞奨学生は拡張を強制されることはありませんでしたが、コンクールの時期になると専売所に拡張団(知ってる?)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E8%81%9E%E6%8B%A1%E5%BC%B5%E5%9B%A3

が入り店全体がそういう雰囲気になりますから、私たちもおのずとそうならざるを得ませんでした。

 

行っても地獄(ガチャ切り)引いても地獄(団長パンチ)といったそんな時も「今日契約取ったら記録更新だ」とか「今日は最低300軒ピンポンするぞ」等々チャレンジングスピリットをもって前向きに立ち向かったものです。

 

もちろん実際には水をかけられたり、試読の新聞を上から投げつけられたりといったツライこともありましたがね。(世間は厳しくわたしはまだウブだった・・・)

 

ちょっと長くなりましたが、要するに私が空手を通じて彼らに伝えたいことは、苦しいことやツライことをただ「我慢する」「耐える」といったことでなくそれに明るく前向きに臨む姿勢や考え方なのです。

 

今回の夏合宿で言えば、参加者には「一泊二日耐えるぞ」とか「我慢するぞ」といった「一見前向きで、実は後ろ向きな姿勢」ではなく「去年の数字を超えてみよう」「挨拶だけは一番になろう」といった挑戦していく姿勢、本当の意味の自主性をもって欲しいのです。

 

稽古でも勉強でも仕事でもやらされるのではなく、前向きにやれるよう自らもっていく方法。こういった「生きた知識」を彼らに伝えたいのです。

 

いつまでもそばにいてかかる火の粉を払ってやることはできません。困難や試練に直面するたびに立ち止まって悩み尻込みする子のそばにずっと寄り添うこともできません。

 

「自分で飯の食える大人」「自立した大人」に育てるために何事にも「よっしゃ」と明るく時にはユーモアをもって臨むこと。強い身体だけでなく、そういったしなやかで柔軟性をもったメンタリティを今教えこまねばなりません。強靭さとは元からあるものではなく作られるものなのです。

 

 

 

というわけで、合宿参加者諸君。

 

 

 

参加人数が減ろうとも

 

 

 

せんせい、ブレないよ(おに)

 

 

 

それが愛情だと

 

 

 

いつかわかる。

 

 

 

押忍。

 

minnnagennkidesusdfgfds.jpg