東大和市にある極真空手 友心会道場です。

アクセスありがとうございます。

当道場のホームページにアクセス頂き誠にありがとうございます

 

当道場は

東大和市、立川市、昭島市、あきる野市

日野市 多摩市 東村山市 国立市

活動している極真空手の道場です。  

oioioioioioioioiohh.jpg

専門のスタッフが丁寧な指導を行っておりますので

空手経験のない方も心配には及びません!

 

日々の稽古の様子は 

道場公式 Instagram

https://www.instagram.com/yu_shinkai.kyokushin/


道場ブログ「友のこころ」

 http://www.tomono-kokoro.jp/category/1393270.html ←クリック!

   

をご覧ください。


お問い合わせお待ちしております!

当道場の感染防止対策について

当道場の新型ウィルス感染拡大防止策は以下の通りです。

 

  • スタッフは毎日の検温、体調管理をしっかりと行います。
  • 稽古前の検温を参加者全員に実施します(非接触型体温計を使用)
  • 接触感染防止のため生徒には稽古の前後で除菌シートによる手指のアルコール消毒を指導員監督のもと徹底して行います。
  • 飛沫感染防止のためマスクとフェイスシールドを着用しクラス時間中最低4回以上の水分補給を実施させます。
  • 密閉空間防止のため稽古中は全てのドア(正面、側面、更衣室計3箇所)窓(正面、背面、更衣室計5箇所)を常時開放し換気扇(1台)エアコン(大型2台)を稼働させて換気に努めます。

 

尚、会員の皆さん、保護者の皆様におかれましても病み上がりや体調不良気味で免疫力が落ちていると考えられる場合、あるいは発熱症状のある場合にはお休みするようお願い致します。

 

 

 yu-rinofeisu.jpg

 

 

 

 

 



お問合せ・見学のお申し込みはお気軽に

当道場について不明な点や質問がございましたら下記までお気軽にお問合せください。
見学、体験入会のお申し込みもお気軽にどうぞ。

 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL : 042-567-0393
受付時間 : 15:00〜22:00

お気軽にお問い合わせください

火曜日は休館です


親切、丁寧な対応を心がけております。お問合せをお待ちしております。

新着記事

新着記事を随時更新しています。↓↓↓
2021年12月07日

R3.12.6 豊田道場

菊池です。

 

さて、ここ数日保護者の方から

 

「公式LINEに豊田教室の予定表が添付されていない」

 

というお問い合わせを多く頂いております。

 

豊田教室は10月に常設道場となりましたので、稽古予定につきましては「豊田道場休館日」としてご連絡しております。


尚、11月27日に公式LINEで配信した内容は以下の通りです。


豊田道場休館日

  • 12月18日(土)昇級審査会
  • 12月27日(月)大掃除
  • 12月29日(水)〜1月5日(水)冬季休館
以上よろしくお願い致します。 さて、そんな教室から道場へ鞍替えを果たした先週末土曜日の豊田道場の様子です。
16:00 幼年クラス
40053.jpg
17:00 小学低学年クラス
40054.jpg
18:00 小学高学年クラス
40052.jpg
コロナ禍ということもありここ2年ほど宣伝広告活動は控えていますが、4月の入会シーズンの頃には後半の2クラスは分割することになりそうです。 さてさて、豊田道場は常設から早2か月が経ちました。上下をテナントで挟まれた物件でしたので、当初は騒音と振動のトラブルを懸念しておりましたが今のところクレーム等もなく良いお付き合いをさせて頂いております。 コロナ禍が収束しまた以前のように思い切った道場運営ができるようになることを願うばかりです。 押忍。
こんな素敵な造花(手作り)も頂いてしまいました。
39942.jpg
2021年11月30日

R3.11.30 東村山教室

東村山教室指導員、保育士の関口(貴)です。


先日の東村山教室の様子をお伝えします。

S__273448969.jpg

今週から年末の審査会に向けた稽古を開始しています。 

 

この日の稽古の様子は

S__273448971.jpg

道場公式Instagramにアップしました。https://www.instagram.com/yu_shinkai.kyokushin/

(アカウントフォローもよろしくお願い致します)


基本稽古は7級(青帯線あり)課題の


足技まで行いました。

S__273448972.jpg

「前蹴り上げ」を高く蹴り上げます。


この他にも10級(オレンジ帯)の課題である


「自分で帯を結ぶ」

S__273448973.jpg

審査課題を全員で行いました。


ほとんどの子が制限時間である1分30秒以内に結べるようになっています。「自分のことは自分でする」自立への第一歩です。


さて、今年も残すところわずかですが、年内は静岡県大会と昇級審査がありますので年末に向けそれぞれの目標に向けて頑張りましょう!


押忍。


S__273448974.jpg









2021年11月24日

R3.11.24 大会後記

菊池です。

 

さて、改めまして友心カップに参加ご協力頂いた皆さんありがとうございました。私は大会の余韻冷めやらぬまま翌日から指導に入りましたが、

 

 

ここ数日も動画などを見て

17D5E868-4F8D-43A0-AC69-793C1C734FC4-L0-001.jpg

今だ興奮冷めやらぬという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

大会のたびに子どもたちに話して聞かせることですが、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議な負けなし」(松浦静山)幸運によって勝つことはあっても不運によって敗れることはありません。負けには必ず要因があります。


その要因を自身に追い求めることによって敗北は経験という種になります。その種に努力という水を撒き続けることでしか成功という花を咲かせる術はありません。勝利の裏に敗北ありですから、悔しい思いをした選手も多数いると思いますがめげずに顔晴(がんば)って欲しいところです。


さて、今大会は型、組手両部門での開催となりましたが、今回出場しなかった子は次回はぜひ挑戦して欲しいと思いますし「型のみ」「組手のみ」のみの出場だった子は次回は新しいカテゴリーにもぜひ挑戦して欲しいと思います。


私の指導目的の一つに心(感情)の振れ幅を経験させるということがあります。


大会のように心身ともにプレッシャーがかかる時、人間の感情は大きく振れます。そして人はその振れ幅を経験して初めてそれをコントロールすることができるようになるのです。


大会前後の子どもたちの表情を観察すると心の動きや変化がよくわかります。すごく怖い。すごく緊張する。反対にそれを乗り越えた時はすごくホッとする。

 

すぐカッとなって手が出たり、調子に乗りハシャギすぎて失敗したり、すぐに落ちこんで諦める子がいます。怒りや高揚や挫折といった感情を制御するのが苦手な子たちです。

 

あるいは昨今、大人でも他人の失敗を必要以上に叩くような風潮が散見されますが、本当に辛い思いや悲しい思いを経験したことがある人はそこまで他人を追い落としたりはしないもの(なのよ)です。


感情のコントロールができないというのは資質的なものでなく、私に言わせればそれは単なる経験不足です。「大人しい」と書いて大人ですが、人として成熟しているかどうかに年齢は関係ありません。それは逆境的試練にどれほど直面してきたかということにかかっています。


キツい、ツラいのその先に大切なことがあると我々大人は経験として知っています。しかしながら、それを知らない子どもたちにただ自由な選択肢を与えれば基本的に彼らは易きに流れます。子どもは大人以上に目の前の損得勘定に敏感だからです。そういった部分で私は子どもを信用していません。


ラク楽な道とキツイ道があったなら積極的にキツイ道を選ぶ。結果的にラクになることはあってもラクを選んでラクになる人間はいません。それはいつか自分に返ってくるからです。そんな単純な世の摂理すら子どもたちはまだ知りません。だからこそ子どもは甘えさせることはあっても甘やかすことがあってはならないのです。

 

私は空手の指導員として日々様々な年齢層の子どもの指導にあたっていますが、本当に大切なことは教えることができないと思っています。それは彼ら自身が自分で知るしかないのです。だってほら、子どもは言うことなんて聞きませんし(笑)指導とは「道を指し示し導くこと」ですので。正(厳)しい方向へね。

 

困難に立ち向かいそれを乗り越えた時の達成感や充実感。それまで当たり前だったことすら幸せと感じる時の安堵や穏やかな気持ち。生きていることや他人に感謝したくなる心。ただ楽で好きで楽しいだけでは味わえないことを厳しい稽古を通じて経験させることこそが指導者としての私の役割なのです。


 

体で覚え、心で感じ、やがて頭で理解する。


 

子どもは理屈より体験です。自身が身を持って知り得たことは生涯に渡り忘れることはありません。それが間違ったものでない限り、彼らは生き方を間違えないでしょう。

 

一緒にいて安心する。そばにいたくなる。子どもたちにはそんな強く心穏やかな大人になって欲しいと思っています。それはきっと彼らの人生を豊かなものにするはずです。優しさの中に鋼のような強靭さを内包した人になって欲しいですね。

 

 

 

次戦はみなのチャレンジに期待しています。

 

 

 

押忍。


39437.jpg