東大和市にある極真空手 友心会道場です。

R2.3.1 今月も通常通り開館致します。

3月1日現在時点での当道場運営に変更はありません。当面の間は通常通り道場を運営致します。


尚、当道場の新型ウィルス感染拡大防止のため当道場は以下ことを実施致します。

 

  • スタッフは毎日の検温、体調管理をしっかりと行います。
  • 接触感染防止(手についたウイルスを目や鼻、口などに無意識にもっていくことによる粘膜からのウイルス侵入)のため生徒には稽古の前後で除菌シートによる手指のアルコール消毒を指導員監督のもと徹底して行います。
  • 飛沫感染防止(ウイルスを含んだ飛沫を鼻や口から吸むことによる気管への付着)のためクラス時間中最低4回以上の水分補給を実施させます。(ウイルスが感染部分に付着してから細胞内に侵入するまでにはタイムラグがあり20分程度かかるとのことです。その間に水を飲みウイルス消化器に流してしまうことで不活性化させる)
  • 密閉空間防止のため稽古中は全てのドア(正面、側面、更衣室計3箇所)窓(正面、背面、更衣室計5箇所)を常時開放し換気扇(1台)エアコン(大型2台)を稼働させて換気に努めます。


尚、会員の皆さん、保護者の皆様におかれましても感染の広がりを考慮して、病み上がりや体調不良気味で免疫力が落ちていると考えられる場合、あるいは発熱症状のある場合にはお休みするようお願い致します。

 

アクセスありがとうございます。

当道場のホームページにアクセス頂き誠にありがとうございます

 

当道場は東大和市、立川市、昭島市、あきる野市

活動している極真空手の道場です。  

oioioioioioioioiohh.jpg

専門のスタッフが丁寧な指導を行っておりますので

空手経験のない方も心配には及びません!

 

日々の稽古の様子は 道場ブログ 「友のこころ」 をご覧ください

 http://www.tomono-kokoro.jp/category/1393270.html ←クリック!

   お問い合わせお待ちしております!

 

お問合せ・見学のお申し込みはお気軽に

当道場について不明な点や質問がございましたら下記までお気軽にお問合せください。
見学、体験入会のお申し込みもお気軽にどうぞ。

 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL : 042-567-0393
受付時間 : 15:00〜22:00

お気軽にお問い合わせください

火曜日は休館です


親切、丁寧な対応を心がけております。お問合せをお待ちしております。

新着記事

新着記事を随時更新しています。↓↓↓
2020年03月30日

R2.3.30 百草園教室

百草園教室指導員の関口です。

 

オープンから間もない百草園教室の様子をお伝えします。

 
百草園教室では全員が空手初心者ですので正しい正座、挨拶や返事など基本的なところから指導をしています。

 

具体的な稽古課題として 


・基本稽古
・体力作り
・基本の型

の習得を目指し

 

毎週奮闘中です。

moiharhaihjap.jpg

少しづつ上達しています。

 

このように百草園教室では上は10歳(4年生)から下は5歳(園児)まで幅広くも隔たりなく稽古を行っています。開設から間もないこともあり、全員が初心者ですので空手未経験の方も馴染みやすい環境です。興味のある方は見学、無料体験にぜひお越しください。

 

さて、 新型コロナウイルスの予防として稽古場の換気・稽古前後に手指の除菌は怠っておりませんが、会員の皆さんはご自宅でも手洗いうがい等をしっかり行い来週も稽古に励みましょう。

 

 

押忍。 

 

11628.jpg

 

 

 

 

 

 

 

2020年03月27日

R2.3.27 休館のお知らせ

日頃は道場をご利用頂き誠にありがとうございます。
以下、ご連絡です。

先日、東京都知事から出された今週末の外出自粛要請を受け、28日(土)29日(日)の稽古日程を以下の通り変更致します。

 

  • 28日(土)桜街道本部道場の全クラス並びに東村山、立川、豊田 昭島の各教室はおやすみ。
  • 29日(日)桜街道本部午前中8時からの少年クラスと9時からの親子空手クラスはおやすみ。10時からのボランティアクラスと自主トレ開放は実施しますが、中学生以下は保護者の方が同伴あるいは引率をして下さい。


以上です。

このような社会情勢の中、可能な限りの対策を取り、道場の明かりを灯し続けたいという思いでこれまで開館を続けて参りました。

 
私個人と致しましては、現在の社会情勢になんでも右に倣えでよいものかと思うところもございます。一方で道場が社会に帰属する以上はその方向を向いていなければなりません。

 
よって断腸の思いではございますが、今回は足並みを揃えることと致します。皆様のご理解、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。



ご連絡は以上です。



押忍。

2020年03月24日

R.2.3.24 昭島教室

菊池です。

 

さて、先週末土曜日

 

昭島教室の様子をお伝えします。

1585137742367.jpg

市の施設閉館のため代替えのスタジオで稽古を行っています。

 

 

先輩たちに教わって各級の課題型の稽古。

AKISHIMANOMINNNA.jpg

わたしが教える時よりもみな真面目にやる。

(ような気がする・・・)

 

昭島教室は本部道場に先立って開設から10周年を迎えました。10年ひと昔。みな成長し後輩たちの面倒をよく見てくれるようになりました。みんないつもありがとう。今後ともひとつよろしく頼みます。

 

さてさて、しばらくこのブログでは各教室の様子をお伝えしようと思っておりますが、ここのところの子どもたちはといえば、やはりいつもとは様子が少し異なるかなと感じます。

 

落ち着きがない。はしゃぎだすと止まらない。よくしゃべる。等々。4月の入学、進学シーズンや新学期の始まりなど、環境変化の時期にありがちな子どもたちの何処かフワフワしている雰囲気とよく似ています。

 

毎回稽古前に「今日は何時に起きたの?」「空手に来るまでなにをしていたの?」と子どもたちに尋ねるのですが、答えはみなバラバラです。一日の中のいわば「生活のヘソ」を失っているわけですから、落ち着かない雰囲気になるのも致し方ないのかもしれませんね。 

 

そんな子どもたちと毎日接するにつけ、湧き上がる思いは「道場を閉めてはならない」という使命感です。毎日笑顔で彼らに接し汗をかかせ元気づけようという気持ちが日に日に増しております。

 

今後の社会情勢によっては政府、関係省庁から新たな通達が出されるかもしれません。道場が社会の中にあり、社会の方向を向いている以上、それに足並みを揃えなければならない時もくるでしょう。


しかしながら、今後もできる限りの対策を取りつつ、可能な限り道場の火を灯し続けたいと思っています。

 

 

 

押忍。


 

20200325_155009.jpg

孝哉くんも大学生!おめでとう。