東大和市にある極真空手 友心会道場です。

R2.6.25 緊急事態宣言解除に伴い稽古を再開しております。

緊急事態宣言解除に伴い当道場は6月8日より活動を再開しております。


道場として可能な限りの感染防止対策を実施致しますが、残念ながら現状では100%の感染防止を担保することはできません。


よってコロナ禍の期間中は毎月初めに休会希望者を募ります。休会を希望する方は月初め5日までに道場ホームページ問い合わせフォームへご連絡ください。コロナ禍の期間中は休会される方の月会費、休会費の徴収は行いません。 

 

尚、行き違いを防ぐため、休会の申し込みは上記の方法のみとさせて頂きます。電話やメールでは受付かねますのでご了承下さい。


休会のご連絡を含め道場へ連絡は道場ホームページ「問い合わせフォーム」からお願い致します。

 

(5/26更新)当道場の感染防止対策について

当道場の新型ウィルス感染拡大防止策は以下の通りです。

 

  • スタッフは毎日の検温、体調管理をしっかりと行います。
  • 稽古前の検温を参加者全員に実施します(非接触型体温計を使用)
  • 接触感染防止のため生徒には稽古の前後で除菌シートによる手指のアルコール消毒を指導員監督のもと徹底して行います。
  • 飛沫感染防止のためフェイスシールドを着用しクラス時間中最低4回以上の水分補給を実施させます。又、希望者は稽古中のマスクの着用も許可します。
  • 密閉空間防止のため稽古中は全てのドア(正面、側面、更衣室計3箇所)窓(正面、背面、更衣室計5箇所)を常時開放し換気扇(1台)エアコン(大型2台)を稼働させて換気に努めます。

 

尚、会員の皆さん、保護者の皆様におかれましても病み上がりや体調不良気味で免疫力が落ちていると考えられる場合、あるいは発熱症状のある場合にはお休みするようお願い致します。

 

 

 yu-rinofeisu.jpg

 

 

 

 

 


アクセスありがとうございます。

当道場のホームページにアクセス頂き誠にありがとうございます

 

当道場は東大和市、立川市、昭島市、あきる野市

活動している極真空手の道場です。  

oioioioioioioioiohh.jpg

専門のスタッフが丁寧な指導を行っておりますので

空手経験のない方も心配には及びません!

 

日々の稽古の様子は 道場ブログ 「友のこころ」 をご覧ください

 http://www.tomono-kokoro.jp/category/1393270.html ←クリック!

   お問い合わせお待ちしております!

 

お問合せ・見学のお申し込みはお気軽に

当道場について不明な点や質問がございましたら下記までお気軽にお問合せください。
見学、体験入会のお申し込みもお気軽にどうぞ。

 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL : 042-567-0393
受付時間 : 15:00〜22:00

お気軽にお問い合わせください

火曜日は休館です


親切、丁寧な対応を心がけております。お問合せをお待ちしております。

新着記事

新着記事を随時更新しています。↓↓↓
2020年08月04日

R2.8.4 百草園教室

百草園教室指導員の関口です。

 

先日の百草園教室の様子をお伝えします。


今週から少しずつ組手稽古を意識した練習を始めました。ミット使ってパンチの練習をさせてみましたが。



(パンチを)打つ方も(ミットを)持つ方も

みっとまだmだ.jpg

まだまだのようです(笑)

 

攻防の動作を想定したフットワークの下地作りのため「帯取り」もさせてみました。

 

相手の帯を掴んだら「勝ち」

1596560344030.jpg

楽しみながらが上達の近道です。


さて、先週末初めての昇級審査を終え受審した子に感想を聞いたところ


「緊張した」 「疲れた」 「恐かった」


と言った感想が多数ありました。


普段とは違う環境であの緊張感の中、心身ともに大きな負荷がかかったと思います。しかしながら厳しい昇級審査を乗り越えたという経験は一つの自信になったことでしょう。


私が稽古を通じて子どもたちに身に付けてほしいことの一つは小さな成功体験の積み重ねとそれによって得られる大きな自信です。それは彼らの人生にも大きなプラスになります。


残念ながら今回審査を受けられなかった人もここであきらめずに奮起し年末の審査に向けてまた稽古に励みましょう。



押忍。


1596560347821.jpg


2020年07月31日

R2.7.31 ご連絡

菊池です。

 

さて、まずは会員の方へご連絡です。

 

※8月の休会を希望する方へ

 

  • 8月の休会を希望する方は8月5日(水)までに道場問い合わせフォームからご連絡をお願い致します。コロナ禍の期間中休会を希望する方の月会費、休会費は頂きません。尚、行き違いを防ぐため、休会の申し込みは上記の方法のみとさせて頂きます。電話やメールでは受付かねますのでご了承下さい。

 

ご連絡は以上です。

 

 

尚、道場と致しましては感染拡大防止策として


 

各クラス

20200730_160522.jpg

(これは先日の幼年クラスです)

 

 

稽古前後の手指の消毒。

20200730_160132.jpg

(指導員監督の下、厳に実施しています)

 

 

稽古前の検温。

20200730_160248.jpg

(参加者全員に行っています)

 

 

この他、密閉空間防止のため

20200610_161122.jpg

窓、ドアの開放と換気扇、サーキュレーター、エアコンでの常時換気。

 

 

 

フェイスシールドの着用。

20200627_142026.jpg

(全員に配布しています)

 

 

等の対策を実施しております。


これらはウィルスを持ち込まない、持ち出さないという感染拡大防止のための対策です。


当道場に限らずあらゆる業種で同様の対策を行っているようですが、例えばスーパーのように入り口にポンと消毒液を置くだけ。あるいは児童施設などでも検温は自宅で行わせ本人任せといったところが多いのが実情です。

 

そういったところに比すれば当道場は可能な限りの感染拡大防止策をとっていると自負しておりますが、それでも残念ながら100%の感染防止を担保することはできません。


よって当道場はコロナ禍が収束するまでは今後も毎月初めに休会希望者を募ります。休会期間中は月会費、休会費の徴収は行いません。

 

道場主と致しましては、可能な限りの対策を取りつつ活動を継続致しますが、現況は国難と呼ぶべき非常事態です。よって最終的には会員の方それぞれの判断を尊重致します。


どうか今後とも当道場の運営、活動にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

さてさて、ところで上記のように稽古の前後に手指の消毒に使用している

 

 

アルコールシートですが

jokinnguzzu.jpg

3か月前の在庫。

 

 

現在の在庫。

20200731_004826 (1).jpg

だいぶ減ってきましたね。

(新たに発注済みですのでご安心ください)


 

緊急事態宣言前後ではマスクやフェイスシールドと同様に価格が高騰し、買い揃えるのに苦労しましたが、ここのところ相場もグッと下がってきました。


それでもまだ定価とはいきません。もちろん小売店の方も仕入れ自体が高騰しているため仕方がないのかもしれませんが、どこもなかなか強気な価格設定です。

 

以前、神戸の師範に阪神大震災の時のお話を伺う機会がありましたが、有事の際にここぞとばかりに生活必需品等の値段を釣り上げたお店は平時に戻った後、ことごとく潰れてなくなったそうです。因果応報。皆、ちゃんと見ているのですね。

 

 

わたしはといえば、



毎夜ネットで価格を見ながらその話を思い出し、

 

 

ほう、そうくるかね? 


 

いいとも、いいとも、ならばキミの言い値で買い取ろう。



しかし、キミね、世の中には道理というものがあるのだよ。



それが通った時、果たして君は生き残れるかな!?



ふははははは!明智くんさらばだ!!

 

 

 

と深夜パソコンの前で一人怪人二十面相ごっこをしております(実話です)

 

 

 

 

でも今日はもう寝ようかな。

 

 

 

 

押忍。

 

84833.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年07月27日

R2.7.27 昇級審査会

菊池です。

 

さて、先週末25日(土)26日(日)桜街道本部道場にて

 

 

昇級審査会を実施しました。

20200725_141113.jpg

初めての審査に緊張気味の白帯たち。

 

 

10級受審者

20200725_141524.jpg

 

 

9級受審者

20200725_154719.jpg

 

 

8,7級受審者

20200725_171558.jpg

 

 

6級以上受審者

futukameeee.jpg

 

 

一般部受審者

20200726_173214.jpg

 

 

コロナ禍の影響で活動再開から間もない教室は審査を行いませんでしたので受審者は例年に比べ2割ほどの減でしたが、各級熱のこもったよい審査会となりました。受審者の皆さんお疲れさまでした。

 

今回は昨年開設した各教室から初めての受審者が集まりましたが、私にとっても直接指導していない子たちを審査するのは初めてのことでしたのでその点は新鮮でした。


初めての場で初めてのことを経験した白帯の子たちは緊張してなかなか普段通りの動きができなかったようです。一方で前回初めてを経験した子たちは少し落ち着いていたように思います。

 

審査会という場は結果が求められる「すべき時」ですが、例えば審査中に名前を呼ばれた時に大きな声で返事ができない。基本稽古の審査で大きな気合が出せない子がいます。


その場で指摘され、本人も今すべき時とはわかっていますからなんとかそれをしようとはするのですが、やはりその場でやろうと思ってもなかなかできません。


各級の課題、型、審査中の所作、体力等審査項目は多岐にわたりましたが普段出来ていることはできるし出来ていないことはできない。そんな当たり前のことを今回初めて身をもって知った子も多かったのではないでしょうか。


審査のときだけやろうとがんばったところでできるわけがない。だから結局すべきところでできるようにするには普段から「すべき」なんだと。子どもは聞いたことは忘れ、見たことは覚え、経験したことはわかっていきます。

 

今経験する様々なことがこれからの彼らを形作っていくわけですから、やはり我々大人の責任は重い。故に子どもは甘えさせることはあっても甘やかしてはならないのです。


というわけで、わたしは今後も厳しくおっかない空手の先生であり続けねばなりませんし、審査会は私にとってもすべき場ですので、今後も怖い顔をして審査に臨み子どもたちをビビらせ続けたいと思います。ぬ〜ん。


 

 

ま、ベテランの子たちには




(フリって)バレちゃってるけどね。

 



押忍。


20200725_154543.jpg