東大和市にある極真空手 友心会道場です。

アクセスありがとうございます。

当道場のホームページにアクセス頂き誠にありがとうございます

 

当道場はオープンから4年の新しい道場です  fdすぇrt6ウイおhgf中グy.jpg

専門のスタッフが丁寧な指導を行っておりますので

空手経験のない方も心配には及びません!

 

日々の稽古の様子は 道場ブログ 「友のこころ」 をご覧ください

 http://www.tomono-kokoro.jp/category/1393270.html ←クリック!

   お問い合わせお待ちしております!

 

お問合せ・見学のお申し込みはお気軽に

当道場について不明な点や質問がございましたら、下記までお気軽にお問合せください。
見学、体験入会のお申し込みも、お気軽にどうぞ。

 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL : 042-567-0393
受付時間 : 15:00〜22:00

お気軽にお問い合わせください

火曜日は休館です


親切、丁寧な対応を心がけております。お問合せをお待ちしております。

新着記事

新着記事を随時更新しています。↓↓↓
2015年03月05日

H27.3.5 水曜日

菊池です。

 

さて、まずは会員の皆さんにご連絡です。

 

以下の大会出場者リストを作成し、メール配信サービスにて会員の皆さんに送信致しました。

 

  • 4月29日(祝) 飛翔試合(誠真会館主催 所沢市民体育館)
  • 5月6日(祝)   埼玉県大会(極真会館橋本道場主催 大宮武道館)


上記の大会に出場する選手はご自身の氏名、年齢、身長、体重、特に出場カテゴリーに誤りがないかをご確認の上、訂正が必要な場合は3月7日(土)午後10時までにご連絡ください。

 

尚、飛翔試合のカテゴリーにつきましては、全て申し込み時点での学年に統一してあります。

 

それから、4月29日飛翔試合については、大会当日の会場スタッフを募集します。小学5年生以上もしくは大会スタッフ経験者で当日ご協力いただける方は菊池までご連絡ください。桜街道駅から会場まで引率を行います。

 

 

さてさて、水曜日の道場の様子です。

  

 

型エキスパートクラス

hguiujgiuuiuiy.jpg

 4月の全国大会に向け気合いが入ります。

 

 


小学4年生以下クラス

kjhgyutyuijfgtyui.jpg

正座でぬ〜ん。

 

 

この日もみな元気に稽古。

poiygdfsertyuiop@.jpg

とおぉ〜。

(とはだれも叫んでおりませぬがイメージね) lkjhgfyrtuykhgcxdrtyuio.jpg

 子どもはやはり元気が一番ですね。

 

 

さてさて、今日は小学6年生の生徒から、中学校進学後の稽古について相談を受けました。

 

僕は黒帯を取るまでやりたいと思っているんですけど、そうすると運動部には入らない方がいいですか?

 

彼は選手クラスを含めほぼ毎日のように道場に通っている熱心な生徒なのですが、ようするに、中学に上がって運動部に入ると、毎日部活があるため稽古量が減ってしまうことを心配しているようでした。

 

 

空手の指導員としては、彼の気持ちは嬉しかったのですが、

 

 

 

もしやってみたいことがあるなら部活に入ってみたらどうだい?

 

 

 

と答えておきました。

 

 

 

部活か空手の2者択一なのか。はたまた両立ができるのか。

 

 

 

これについてはまたブログに書こうと思います。

 

 

 

ベットがわたしをよんでいる。

 

 

 

 

押忍。

hgyuiuihgt76y7ujgyuio.jpg

 

 

 

 

 

 

 


 

 

2015年03月02日

H27.3.2 無事帰還

菊池です。

 

さて、四国は徳島県で開催された「サムライ杯」から無事戻りました。

 

 

大会後の入賞者記念撮影

lkjhuiyuoikhgjuiop.jpg

入賞した皆さんおめでとうございます。

 

 

選手レベルは非常に高く、各カテゴリーベスト4以上は全国大会もかくやといった試合内容でした。いつかは友心会の選手たちも出場させて揉まれて欲しいと思います。

 

その中で特に印象に残ったのは、中学生男子の決勝戦。他流派同士の試合でしたが、両選手とも掴みや顔面殴打などの反則からヒートアップし、試合は若干険悪な様相を呈していました。

 

まぁ要するに熱くなりすぎて、ケンカのような雰囲気になったのですが、とにかくお互いに「一歩も引かん」という闘志全開です。

 

武道の試合という観点から鑑みれば、負の感情むき出しの彼らは未熟ということになるのかもしれませんが、私はむしろ感心していました。負けたくない、絶対に勝つという気持ちが前面に出ていたからです。

 

今の子たちはなかなかそういった激しい感情をむき出しにすることがないように思います。彼らは今時珍しいわたし好みの熱い少年たちでした。かっこよかった。

 

ケンカをしろとは言いませんが、子どもの頃は一度くらい怒りに我を忘れてど突き合うという経験をした方がいいと思います。

 

子どものころに感情の振れ幅を大きく取っておかないと、その感情をコントロールする術を身につけることができないからです。喜怒哀楽すべてにおいて、それは必要なことだと思います。

 

喜びすぎて調子に乗りすぎ失敗しても困る。

 

怒りの感情をコントロールできず痛ましい事件を起こしてしまっても困る。

 

哀しいたった一度の挫折で心が折れ引きこもってしまっても困る。

 

楽しいことが好きなこと。それを人生の中心に据えて欲しい。

 


自分ではコントロールしえない心の振れ幅を経験し、それをコントロールする術をもつ人は人格的に安定しています。大人は「大人しい」と書きますが、その安定感こそが大人の条件なのではないでしょうか。

 

 

あ、わたしですか?ええ、修行中です。ははは。

 

 

4月の大会には対外試合初出場の子たちがたくさんいますが、彼らには極度の緊張や勝利の喜び、はたまた挫折といった数多くの経験を積ませたいと思っています。それは今まさに自我を確立しようとしている彼らにとって大きな財産になるでしょう。

 

でもそんな感情の振れ幅を経験させるには、ただなんとなく出場するだけでは駄目です。これまでしたことのないような努力(稽古)を積ませて彼らを試合場に立たせねばなりません。

 

だからね、選手諸君。強化稽古で先生が吠えまくるのは愛情なのだよ。ホントだよ。泣いてもいいが、がんばれよ。

 


さてさて、試合後、勝敗が決したあとは笑顔で肩を叩き合うあの選手たちを見て「いや〜やっぱり空手っていいよね」と関係のない私がなぜか上機嫌に。いや〜いいものをみた。

 

 

今日も子どもたちは道場で元気に汗を流しました。 kjhy8ouiojkhghyuiop.jpg

みんながんばれよ。

 

 

 

私も彼らに負けずまた全開指導です。

 

 

 

押忍。

 

 mnbvhftytyuijkljvcdfghyuiop@.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年02月27日

H27.2.27 ぱど掲載!

ヨガクラス担当の井野です。

 

みなさん今日のぱどはご覧になりましたか?

kjhgyftukjcdftyuio.jpg

http://ebook.padonavi.net/eb/pado/251/magazine.html#page=1

 (クリックでジャンプします)

 

 

私の教室の記事が掲載されています。

nhuyiuiokjghyuio.jpg

http://ebook.padonavi.net/eb/pado/251/magazine.html#page=7

(クリックでジャンプします)

 

上のURLで電子版が読めますので、みなさんぜひご覧ください。

 

 

ブログも更新しましたので

 

井野ブログ のんび〜り、ナチュラル、楽しく健康に♪

ブログタイトル:「友心会 健康ヨガ教室3,4月日程&担当」

http://ameblo.jp/sea1126sato/entry-11994996097.html

(クリックでジャンプします)

 

 

こちらも合わせてお願いします。

 

 

井野でした。

o0800045013229836497.jpg