東大和市にある極真空手 友心会道場です。

H31.3.15 ぱどをご覧いただいた方へ

「 ぱど」をご覧頂いた方へ

  

当道場ホームページへアクセス頂きありがとうございます。

 

お申込み、お問い合わせは

 

お電話又は道場ホームページまでお気軽にお問い合わせください。

 

親切、丁寧な対応を心がけております!  


桜街道本部道場体験会向けのCMはコチラです

↓ ↓ ↓ ↓

ぱどfぷfpくほんぶ.jpg

 

 

3月の本部道場は

20181126_175029.jpg

 

 

¥7,500スタートキャンペーン

を実施します!


「月会費ひと月分¥6.500とスポーツ保険¥1.000(年額)のみ」

 

通常必要な

 

入会金(¥5,400)


入会月会費(¥6,500)


道着代(¥10,800)

 

計:¥22.700¥0に!

 

        道場の場所は  

道場地図.jpg

  

 

※白帯(初心者)も多数在籍。

20181219_181422.jpg

初めての方でも安心です!

  

31.3.15 ぱどをご覧いただいた方へ

「 ぱど」をご覧頂いた方へ

  

当道場ホームページへアクセス頂きありがとうございます。

 

お申込み、お問い合わせは

 

お電話又は道場ホームページまでお気軽にお問い合わせください。

 

親切、丁寧な対応を心がけております!  


立川教室体験会向けのCMはコチラです

↓ ↓ ↓ ↓

ぱどくこくたちかえわ.jpg

 

 

3月、4月の立川教室体験会は

体験会.jpg

 

~無料体験会~

日時:3月23日(土)4月13日(土)4月27日(土)
会場:グローバルステップアカデミー体育室
 
 
特典:¥5,500スタートキャンペーン
「月会費ひと月分¥4.500とスポーツ保険¥1.000(年額)のみ」

 

通常必要な
 
「入会金(¥5,400)入会月会費(¥4,500)道着代(¥10,800)」
 
計:¥20.700¥0に!
 
      
     会 場 地 図 

会場地図.jpg

  

※教室開設から半年につき全員が初心者。

みんなしょしんしゃ.jpg

初めての方でも安心です!


お問合せ・見学のお申し込みはお気軽に

当道場について不明な点や質問がございましたら下記までお気軽にお問合せください。
見学、体験入会のお申し込みもお気軽にどうぞ。

 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL : 042-567-0393
受付時間 : 15:00〜22:00

お気軽にお問い合わせください

火曜日は休館です


親切、丁寧な対応を心がけております。お問合せをお待ちしております。

新着記事

新着記事を随時更新しています。↓↓↓
2019年05月22日

R1.5.22 ご連絡他

菊池です。

 

さて、まずは会員の皆さんへいくつかご連絡です。

 

※配布物について

 

  • 5.6月本部予定表
  • 6月昭島教室稽古予定表
  • 6月立川教室稽古予定表
  • 6/29「友心カップ」大会要項
  • 道場Tシャツ申込書

 

上記5点を配布中です。ご確認下さい。 

 

※水筒の忘れ物について 

 

 

ここのところ水筒の忘れ物が増えております。 20190514_003255.jpg 

 お心当たりの方は道場までご連絡下さい。 

 

 

それからゴールデンウィーク明けから 

 

 

今年も皆さんからたくさんのお土産を頂戴しました。 20190516_151934.jpg 

文字通り山積みです。 

 

旅先で道場へというお心遣い大変恐縮です。子どもたちから受け取ることが多くなかなか直接お礼を申し上げ機会もないのですが、子どもたちは大喜びで山分けしております。ありがとうございます。 

 

 

さてさて、以下は週末の道場の様子です。 

 

金曜日


16:15 幼年クラス 

20190517_161459.jpg 

入会シーズンということもあり白帯(無級)が多いですね。

 

 

 仲良く整列して「肩たたき」 20190517_162027(0).jpg

 あだだだ・・・。 

 

 

「回れ右」して 

20190517_162033.jpg

 あだだダダ・・・。 

 

 

続いて「肩揉み」 

20190517_162047.jpg 

キャぁぁ〜(敏感)

 

 

 ちょっと強め 

20190517_162049.jpg 

ぬぁぁぁぁ〜。 

 

 

さらに強め。

 20190517_162050.jpg

 ぬぁぁぁあ〜

(くすぐったい)

 

 

 17:15 小学2,3年生クラス

20190517_171524.jpg

稽古前の黙想。

 

 

18:20 小学4年生以上クラス

20190517_182139.jpg

40名を超える人数となりました。

 

このブログでも何度かお伝えしていますが、クラスの参加人数平均化のため週明けから月曜日と金曜日の少年クラス区分を変更致します。詳しくは配布中の5,6月稽古予定表をご参照ください。

 

 

土曜日

 

 

15:30 立川教室

20190518_161148.jpg

バランストレーニング中。


 

19:15 昭島教室

20190518_193804.jpg

前蹴り上げの練習中。

 

日曜日

 

 

今週も芋窪街道沿いをゴミ拾い。

20190519_102742(0).jpg

20190519_103327.jpg

このボランティア活動も10年目になりました。

 

 

さてさて、日頃から子どもたちには稽古を継続していくことの大切さを説いています。例えば上記の「立川教室」は開設からまだ8か月でまだ退会者は出ていませんが、「昭島教室」は開設から10年以上が経っており、累計入会者の半数は既に退会しています。

 

空手に限らず、なんでも始めてからの1,2年というのは目新しさがあり、やればやるほど上達が如実に感じられる楽しい時期です。ところがこれが3,4年になると目新しさもなくなり、空手でいえば組手などでは上に強く当たられ、下からは突き上げられ辛い時期になります。退会が出やすいのもこれくらいの時期ですね。

 

ところがそこからもう数年進んで5,6年たつと辛さに慣れそれが普通に(つまり強く)なります。そしてさらにそこから4,5年が過ぎ10年まで粘るとまた楽しくなってくるのです。


それまでの継続によって心にもゆとりと安定感が出てきますし、自分で考えて工夫したり、新しい練習方法を自分で思いついたりするからです。またいつの間にか周りが皆後輩になっていて自分が上に立って指示を出したり指導したりするようになります。

 

ちなみにそこからさらに10年續け20年経つと、説教までしてしまう(笑)ま、これは私のことですが。ははは。

 

色々なことをやったほうがいいというのは本当だと思います。しかしそれはあくまでも自分の根っことなるベースがあってのことでしょう。それがなにかわからない。あるいは見つからないというのなら、続けてこられたものを自分のベースにしていく。自分の才能にしていく。

 

仕事などもそうですが、自分に向いているもの、本当にしたいこと。それがなにかわからないのであれば何でもやってみる。あるいは今あるものを自分で天職にしていく。そう思えるまで続ける覚悟を持つ。そういった姿勢が肝要と思います。



才能とは一瞬の閃きのようなものであると思っていた。


しかし今、才能とは10年、20年と


同じ姿勢で同じ情熱を傾けられる力のことであると思っている。

 

                            羽生 善治



道場に通う子どもたちを「自分で飯の食える大人」にすることが私が彼らを指導する目的の一つです。そのために持たせたいのは「継続力」と「コミュニケーション能力」の二つ。



明日もまた全力指導です。




押忍。


20190517_183834.jpg











2019年05月19日

R1.5.19 女子クラス

女子クラスの藤本です。



先日の女子クラスの様子をお伝えします。



この日は新しいメンバーも加わり。
1558278361464.jpg
稽古前から賑やかでした。


二段蹴りに初挑戦!

1558278363579.jpg自分の身長より高いところにあるミットを蹴ることができました。




足腰を鍛えるための騎馬立ち耐久レース。

1558278365405.jpg小さい子が多かったので新記録更新かと思いきや、1分で撃沈(^-^;

 


さて、そんな女子クラスですが、今週で開設から1年が経過しました。



いつも来てくれる方々、また送り出してくださるご家族の方々、ありがとうございます。


拙い指導ではありますが、今後ともよろしくお願い致します。




押忍。

 

1558278371606.jpg



 

 

 

 

 

 

 

2019年05月13日

R1.5.13 埼玉県大会

菊池です。

 

さて、5月11日(土)大宮武道館で開催された

 

 

「第7回埼玉県空手道選手権大会」

20190511_093029.jpg

当道場からは12名が出場。

 

 

入賞者を発表致します。

 

まずは型部門から

 

型 幼年の部

優勝 磯長 優吏

1557719215092.jpg

おめでとうございます。

 

 

型 少年上級の部

優勝 木暮 愛斗

1557719215082.jpg

おめでとうございます。

 

この他、少年黄帯の部に出場した小林寛選手が残念ながら3位決定戦で敗れましたが入賞まであと一歩(旗一本)の4位。同じく小学1年の部に出場した西川滉輝選手も3決で敗れ4位となりましたが健闘しました。またがんばろう。

 

 

続いて組手部門

 

中学一年男子重量級

優勝 本間 彪雅

1557719215054.jpg

今年は関東、全日本、千葉に続き4大会連続の決勝進出(優勝3回)

おめでとうございます。

 

 

小学1年生の部

準優勝 磯永 優吏

1557719215092.jpg

型と共にW入賞となりました。おめでとうございます。

 

 

中学1年生男子軽量級

第3位 室岡 英司

1557719215041.jpg

おめでとうございます。

 

入賞した選手のみなさんおめでとうございました。

 

空手に限らず青少年のスポーツ(空手は武道ですが大会競技はスポーツ)は成果(結果)主義ではなくプロセス主義でなければなりませんが、そのプロセスとは試合に出場すると決めた時から試合の最後に審判の「やめ!」がかかるその瞬間までのことです。

 

最後まで力を出し切れた。勇気をもって立ち向かうことができた。勝負にこだわることができた。練習でやってきたことを出せた。そういった時は「よかったぞ」と褒めてよいと思います。


一方でその反対の時や反則で負ける。油断する(上段をもらう。アップをしない等)集中していない(試合前に遊ぶ等)時などは厳しく叱らねばなりません。

 

単にトロフィーを持って帰ってきたから褒め、負けたから叱る。ではないということ。その部分の認識が子どもと大人の間で一致していると結果に関わらず大会は子どもの成長に有益なものになりますし成長の一助になります。

 

歯がゆい「結果」についつい口を出したくなることもあると思いますが我ら「大人しい」と書いて大人(彼らは子ども)言いたいことをグッと堪え結果ではなくプロセスを評価して叱る(然る)べき理由を大人しく語りたいところですね。

 

 

さてさて、


 

今大会も審判員として先輩たちが協力してくれました。

20190511_175931.jpg

一日ありがとう。

 

早朝の集合から一日中でグッタリだったと思いますがこれに懲りずまたよろしく頼みます。


それから今大会もミットの搬入から私たちの手が回らない選手の応援やセコンドまで様々なご協力を頂いた保護者の皆さんにこの場をお借りして感謝申し上げます。

 

 

一日色々なことがありましたが

minnnatokorekaramoissyoniitai.jpg

おかげさまで佳い一日となりました。ありがとうございました。

 

 

明日からまた日美笑進。

 

 

稽古がんばりましょう。



押忍。


1557719214992.jpg