東大和市にある極真空手 友心会道場です。

アクセスありがとうございます。

当道場のホームページにアクセス頂き誠にありがとうございます

 

当道場はオープンから4年の新しい道場です  fdすぇrt6ウイおhgf中グy.jpg

専門のスタッフが丁寧な指導を行っておりますので

空手経験のない方も心配には及びません!

 

日々の稽古の様子は 道場ブログ 「友のこころ」 をご覧ください

 http://www.tomono-kokoro.jp/category/1393270.html ←クリック!

   お問い合わせお待ちしております!

 

お問合せ・見学のお申し込みはお気軽に

当道場について不明な点や質問がございましたら下記までお気軽にお問合せください。
見学、体験入会のお申し込みもお気軽にどうぞ。

 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL : 042-567-0393
受付時間 : 15:00〜22:00

お気軽にお問い合わせください

火曜日は休館です


親切、丁寧な対応を心がけております。お問合せをお待ちしております。

新着記事

新着記事を随時更新しています。↓↓↓
2015年08月26日

H27.8.26 水曜日

菊池です。

 

 

さて、姫路遠征より無事戻りました。

 

子どもたちも夏休みということで休館明けから

 

 

 お土産をたくさん頂戴しました。

omiyageee.jpg

文字通り山積みです。

 

 

皆、大喜びで山分け(争奪)しております。旅先でのお気づかいありがとうございます。

 

さてさて、本日水曜日は本部が4クラス、昭島教室が2クラスの計6クラスとなりました。

 

 

型エキスパートクラス

katesjijahajgghajkio.jpg

山梨県大会に向け気合が入ります。

 

 

 

小学3年生以下クラス

aratajtamnjuio9876tgvvcd.jpg

筆頭は今年チャンピオンシップ出場権を獲った黄帯のT島君。

 

 

審査前は型稽古が多かったので、今日はミットを多めに行いました。

minnnbvcdfrtyuio98765redfghjk.jpg

ところで、きみたち、宿題はだいじょうぶなんだろうね?

 

 

 

昭島教室少年クラス

mnbf657ujhvcxse4567uiop.jpg

こちらは4歳から中高生までが一緒に稽古をしています。

 

 

さてさて、毎日様々な年齢層の子どもたちと接していますが、毎回ちょっと笑えるのが子どもたちとの会話。

 

Y平くん編

 

わたし : えっ?今日誕生日なの?

 

 

Y平くん : おす

 

 

わたし : へ〜 誕生日プレゼントはなに?

 

 

Y平くん : ハンモック

 

 

わたし : は?

 

 

Y平くん : ハンモック ゴロゴロしたりする

 

 

わたし : はい?

 

 

T陽くん編

 

わたし : おい、T陽、これ(グローブ)しばらく使え

 

 

T陽くん : (ママに駆け寄り) ねぇ〜!せんせいにもらったー!

 

 

K斗(兄) : ずる〜い!T陽ばっかりー!!

 

 

 

や、やらんわ・・・。

 

 

 

押忍。

 

taishitokousuke.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年08月22日

H27.8.22 旅支度

菊池です。


8月23日(日)まで道場は夏季休館となっております。お問い合わせはホームページの「お問い合わせフォーム」へお願い致します。

 

さて、夏季休館中ですが、週末23日は「極真兵庫カップ」審判員のため私は姫路へ遠征です。で、旅支度をせねばならないのですが、ここにきていくつか懸念材料が・・・。

 

以下、空手とは関係のない半分個人的な趣味の話題ですので、興味のない方はそっとブラウザを閉じてください(笑)

 

まず、先々週の神奈川県大会後から噴出していた歯の痛み。疲れがたまるとよく歯が痛くなるのですが、今回はほっぺたがコブ取り爺さん状態になり、仕方なく歯医者さんへ。


歯の根っこに溜まった膿を抜いてもらったのですが、痛みが引かず、昨日になって再受診。今はもともと治療した空洞の部分に綿(!)が詰まっている状態。

 

そ〜っと食事をしていても、

 

 

忘れたころに噛む → 悶絶

 

 

を繰り返しております。

 

な、なんやるかな。ま、噛まなきゃ痛みは出ませんので出発前日にしてなんとかクリア。わはは。

 


もうひとつは車歴12年。13万キロの愛車の状態。タイヤが丸坊主でブレーキパッドもギリギリ、エアコンが弱っているにもかかわらず、パワーウィンドウ不調で窓開かず・・・(暑い)

 

そんなわけでここのところ遠征に使用するのは避けておりましたが、連休を利用してこちらもちょっと手入れ。

 


タイヤはいわゆるアジアンタイヤを取り寄せて交換。

marubouzu.jpg

交換前        →       交換後

 


ちなみに以前は組み替えもタイヤレバーとハンマーを使い自分でやっていました(力技)

 

 


続いてはブレーキパッド。ジャッキアップしてホイールを外し

  

 

ボルトを一本外して

hazushitajoutai.jpg

キャリパーを引き上げます。

 

 

重みでブレーキライン等がダメージを負わないよう

kyaripa-turi.jpg

キャリパーはサスに吊る。

  

 

キャリパーから外した状態のブレーキパッド(左)

bunnkaigo.jpg

鳴き止め用のシムが付いているので外します(右)

 

 

シムは再利用しますので

seisougo.jpg

パーツクリーナーを使って洗浄。

 

 

新しいパッドに組付け

bure-kiraba-guri-su.jpg

シムやパッドの耳の部分にブレーキグリースを塗布。

 


ブレーキピストンの汚れも落とし、

pisutonn.jpg

 ブーツに破れなどがないかを確認しておきます。

 

このあとパッドを再びキャリパーに組付けますが、パッドを新品に交換した場合、そのままだと飛び出したピストンに当たってはまらないので、

 


専用工具を使ってピストンを押し込みます(左)

pisutonnoshikomu.jpg

工具がなければプライヤーでもテコの原理でも可。

 


ピストンを押しこむとブレーキフルードがエンジンルームにあるブレーキフルードタンクから溢れることがありますので、タンクの周りにぞうきんなどを巻いておきをます(画像右)ブレーキフルードは垂れると塗装がハゲます。

 

交換後は走り出す前にブレーキペダルを強く踏み(最初は止まりませんのでぶつかります)安全な場所でテストをして完成。慣れれば前後を交換しても1時間弱です。

 


あとはパワーウィンドウの修理ですが、

098765rtfghyuyt6r.jpg

こちらは難儀したので割愛(笑)

 

 

次回、13万キロ無交換のクラッチオーバーホール編に続く(かも)

 



さてさて、これにて旅支度は終了。

 

 

 


来週ブログの更新がなかったら、

 

 

 

 

ブレーキがスッポ抜けたと思ってください (チーン)

 

 

 


押忍。

 

,mnbvgy890-@po-^-p.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年08月17日

H17.8.17 夏合宿のしおりA

菊池です。

 

さて、本日より23日まで道場は夏季休館となっております。

  

休館中のお問い合わせはメニュー欄の「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

 

さてさて、夏季休館直前、お盆真っただ中も道場は通常通り開館でした。まずは週末をちょっとプレイバック(百恵ちゃん)

 

 

14日(金) 小学3年生以下クラス

kakukurasu.jpg

同じく金曜日の小学4年生以上クラス

kakukurasu2.jpg

 正座でぬ〜ん。

 

 

 

16日(日) 親子空手クラス

oyakokaratertyuiop.jpg

親子でガチンコ勝負中(笑)

 

 

同じく日曜日のボランティアクラス。

gomigomigooomi.jpg

ekinoseisoudesu.jpg

最寄りの桜街道駅をキレイに清掃。

 

 

各クラス参加人数は少なめでしたが、いつも通りワイワイガヤガヤ熱気に溢れていました。

 

 

さてさて、以下は前回に引き続き

 

 

「夏合宿のしおり」

natugassyukoshioridesuu.jpg

 2日目編です。

 

2日目

Q1朝稽古ではどんなことに気をつけましたか?

  • ぜんくつだちのまえあしとひきてをひくことにどぶみをしないことと、じくをぶらさないこと。
  • まえげりとこしのたかさとひきて。
  • あつい中バテないようにこまめに水分ほきゅうをこまめにやった。しゅうちゅうしてけいこをしたです。
    ぴんや3のときこしを高くしないように気おつけた。
  • 気合いやいぶきをがんばりました。
  • 朝食の前なので、体をできるだけ、ふるいたたせた。


Q2稽古で上手くできたことはなんですか?

  • 最終に、15回連続で組手をやったことをがんばりました。型は一つ一つていねいにしました。
    いぶきができるようになった。
  • それは、まわりの人にまどわされなかったこと
  • 茶帯の先ぱいとたくさん戦った。サポーターを早くつけた。早く整列した。
  • 少し前はんきもち悪くなったが後はん自分的にとてもがんばりました
  • 組手では、たくさんやすんでしまったけど、そのかわり、そのあとの型や最後のほうの組手で気合いでのりこえました。
  • きついと言う理由で下がらなかったこと
  • きくち先生にパンチがつよいよっていってもらえました。
  • 新しいコンビネーションを松葉先生におしえてもらい実行できたことです。

  

Q3合宿で一番楽しかったことはなんですか?

  • つかれた時や苦しいときにけいこが終ってみんなでお呂に入れて楽しかったです。あと花火が他の人に負けないくらいきれいでした。
  • 花火やバスに乗っているときが一番楽しかったです。
  • 花火!風呂の時間が幸せだった。食事がおいしかった。
  • バスの中でおかしをみんなで分けておかしを食べたことです。
  • ふろがいきかえるようにきもちよかった
  •  宿舎やテニスコートで会った人に挨拶をしたら、「こんにちは」言ってくれたこと

 

 Q4自分になにか足りないものがみつかりましたか?

  • 体力が必要だと思いました。
  • 声の大きさとしんけんにやる心。
  • やる気が足りない。
  • じゅうなん性と努力あきらめないこころ
  • 組手をやるとまいかいその人に合わせてしまうから、自分のペースで組手をやることです。
  • きついから下がってしまうこと
  • 誰に当たっても恐れない気力。
  • 組手でがまんがたりないからいたくてもがまんしたい。
  • たいりょくがたりなかったですあとおなかがいたかったです
  • メンタルと、けじめ。顔をぼうぎょするガード。
  • とまらないですぐにパンチとかキックをすること
  • 体力と、やる気、ですなぜかというと、体力がないからくみてをやすんでしまった。それで1回だけやすめばいいのにやる気がないから2回休んでしまいました。
  • しゅぎょうがたりません。
  • やりかえすこと

 

 Q5これからの目標はなんですか?

  • 体力をつけるために外で遊んだりする。あと運動も。型は家で時間があるときやひまなときに、型をする。
  • きついときにも立ちむかうことです。あとゆうきをもって出る。もっとせめていくことです。
  •  集中して物事にのぞむことと、声をもっと大きくしっかりと出すこと、あいさつをしっかり。
  • 小学生相手にひるまないように稽古をしたい。筋肉もつける。
  • あきらめずたたかう
  • しんさに受かる
  •  来年の合宿でかた100以上組手を70以上やることと、さ来年の合宿で型も組手も100回やることです。
  • まず小学生中に虎希と和郁と大翼に勝てるようになって、中学生1〜2年生にな陽平先ぱいや輝先ぱいともやりあえるようになり、勉強も空手も両立できる人間になること。
  • また来年も来て次こそはどちらも百回を到成したいです。
  • おもいやり:さいきんおもいやりができていないから てだすけ:今日できなかったから 体をきたえる:みんなについていけないから
  • つよいあいてにむかっていくことです。りゆうはつよいあいてにむかっていくと自分がつよくなれるからです。
  • じゅくいがいの日は、毎日できるだけ多くのけいこにでることと、合宿中に学んだ、あいさつとはきはきすることを目標にしたいです。
  • くろおびをとるまでやめないこと

 

 

以上です。

 

 

今年も子どもたちは彼らなりの言葉でたくさんのことを書いてくれました。全てをご紹介できないのが残念です。

 

「キツイ」「ツライ」という言葉が多かった(狙いどおりね)一方で、同じくらい「がんばる」「むかっていく」という言葉があったことは指導側の我々にとってなにより嬉しいことでした。

 

今年も笑いあり、涙ありのいい合宿になったのではないかと思います。

 

  

そして、この過酷な合宿で見事組手100回、型100回を完遂したのは

 

 

酒井 陽平(3回目)  宮本 心(2回目)

高杉 和郁(初)  佐武 慧多朗(初)  菊地 海斗(初)

 

 

の5名でした。

 

 

達成おめでとう。よくがんばりましたね。

 

  

合宿のしおりのコメントにある通り、上記5名以外の参加者たちも、それぞれが限界に挑み本当によくがんばりました。可能であればその姿を保護者の皆さんにも見て頂きたいほどでした。

 

先日の昇級審査会、あるいは大会などでもそうですが、例えば本番で型を途中で間違えてしまった。にもかかわらず、号令はかかり続ける。

 

親もいない、先生もいない。助けを求めることができない。自分で何とかしなくてはならない。そんな状況下におかれた時、彼らは何とかしようともがき、動き続けます。


心が痛むことも正直ありますが、一方でそんな心身共に負荷のかかった状態でこそ、彼らは集中し成長していくとも思うのです。

 

我々は日々子どもたちの指導にあたっていますが、一番大切なことは教えてやることできません。それは彼ら自身が体験し、経験として身につけていくしかないのです。

 

だからね諸君、いつも言うことだが、先生たちはべつにイジワルジジイじゃないのだよ。敢えて心をオニして厳しく接しているのです。ホントウダヨ。

 

 

 

ま、困り顔や泣き顔がかわいくて、

 

 

 

ちょっぴりイジワルしたくなることもあるんだが。わはは。

 

   

 

来年もみんなくるかな?

 

  

 

押忍。

 

soremonagaretekitano2.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

それも流れてきたの・・・?